転職ができない原因と対策法を紹介!ポイントは年齢ではなく「自分への理解」

「転職ができない原因は?」「転職できない時の解決策は?」などと疑問に思っていませんか?転職活動を進めていても、なかなかうまくいかないと感じる人も多いかと思います。
転職できない原因はさまざまですが、第一前提として年齢は関係ありません。転職において最も大事なのは自分への理解を深めることで、原因に合わせて対策を立てることが大切です。

本記事では、転職ができない原因と対策法を詳しく紹介していきます。転職できない理由に年齢は関係ない理由についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

転職ができない原因10個

転職ができない原因10個

転職できない人が取り組むべきなのは、まず原因を知ることです。以下にて、転職できない原因をまとめました。

  1. 転職先に活かせるスキルがない
  2. 転職したい理由が不明確
  3. 将来的なビジョンが定まっていない
  4. 理想が高く応募する企業を厳選しすぎている
  5. 企業分析が足りていない
  6. 就職に対する熱意が伝えられない
  7. 社会人としてのマナーが足りていない
  8. スケジュール管理ができていない
  9. 仕事ができない人間だと思い込んでしまっている
  10. 自分が希望する職種の求人が出ていない

まずは、どれに当てはまっているのかを自身で理解し、対策を立てていくことが大切です。それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.転職先に活かせるスキルがない

転職したいと思う企業を見つけても、活かせるスキルがない場合は転職が難しくなります。企業が中途社員を採用する場合、スキルを見て採用するかどうかを決めることがほとんどです。

希望条件ばかりを優先して企業を選んでしまうと、高いスキルや専門知識が必要となるケースは少なくありません。結果的に、書類選考も通らずに苦労してしまう結果になります。

そのため、自分が持っているスキルを見直し、転職したいと感じる企業にて活かせるか見極めていきましょう。

2.転職したい理由が不明確

転職したい理由が不明確な人は、転職できないケースがほとんどです。ただ単に「今の仕事が辛いから転職したい」だけだと、自分にぴったりの職場を見つけることはできません。

もし書類選考がうまく通ったとしても、転職したい理由が不明確だと面接時の受け答えが曖昧になります。結果的に面接が通らず、転職がうまくいかないという結果になってしまうのです。

そのため、なぜ転職をしたいのか、今後の働き方や生き方を踏まえて明確にしていくことが重要と言えます。

3.将来的なビジョンが定まっていない

将来的にどのような生活をしていきたいのか、ビジョンが定まっていないと転職は難しくなります。企業によって給料や福利厚生、働く時間帯は異なるものです。

将来的にどんなキャリアを積んでいきたいのか、はっきりとしていないことで不安になるケースは少なくありません。面接時にも「10年後にはどうなっていたい?」と聞かれることも多く、ビジョンが定まっていないと答えられなくなります。

そのため、転職を希望するのであれば、今だけではなく先を見通して決断をすることが大切です。

4.理想が高く応募する企業を厳選しすぎている

理想が高く、応募する企業を厳選しすぎていると転職はできません。「今勤めている会社よりも良いところに転職したい」という理由で、転職を希望する人も多いでしょう。

しかし、仕事をする上での希望条件が多くなるほど理想が高くなりがちです。最終的には応募する企業が数社しかなく、結果的に不採用になってしまう事例は少なくありません。

理想の働き方が決まっているのであれば、優先順位をつけることが大切です。自分にとって譲れない条件を定めてから企業を絞れば、希望する転職先の選択肢が増えるでしょう。

5.企業分析が足りていない

転職を希望する企業に対しての分析が足りていない場合、志望動機が不明確になってしまい説得力に欠けてしまいます。仮に面接へ進んだとしても当たり障りのない回答しかできないので、結果的に採用されずに終わってしまうでしょう。

自己PRを考えて面接に望むのも良いですが、まずは企業のことを知ることが大切です。採用担当者に対して、企業の歴史や事業内容の話ができるようになれば、採用される確率は高くなります。

6.就職に対する熱意が伝えられない

企業に勤めるとなった際にどういったことをしたいのか、十分な熱意が伝えられないのであれば転職は難しいでしょう。採用担当者は、企業に対して熱い想いがある人を採用する傾向にあります。

しかし、面接時にありきたりな回答しかせず、仕事に対する熱意が伝わらない人は採用されません。企業に勤める場合は、どのようなことをしたいかが常に問われます。

そのため、企業で働いた時に何をしてみたいかを考え、面接時に自身の想いを伝えることが大切です。

7.社会人としてのマナーが足りていない

社会人としてのマナーが足りていない場合、転職活動がうまくいかない傾向にあります。例えば、身だしなみがだらしなかったりメールの返信が遅かったりと、マナーが悪い人はマイナス評価になってしまうでしょう。

見た目や態度で全ての評価は決まりませんが、転職活動中は最初が肝心です。良いイメージをもってもらうためにも、社会人として当然のマナーは抑えておく必要があります。

8.スケジュール管理ができていない

転職活動をする人は、働きながら仕事を探すことがほとんどです。仕事の忙しさによっては、スケジュールが立てられないというケースも多いでしょう。

しかし、明確なスケジュールを立てて行動しなくては、なかなか転職活動が進みません。転職活動が長引くと、理想となる企業に勤めるチャンスを逃す可能性もあります。

そのため、事前にスケジュールを立てておくことが大切です。

9.仕事ができない人間だと思い込んでしまっている

仕事に対する自信がなく、仕事ができないと思い込んでしまっていると転職活動が難しくなります。マイナスの感情をもったまま転職活動にのぞんでも、企業に良いアプローチはできません。

人によって得意分野は異なり、強みとなる部分が必ずあります。そのため、仕事ができないと思い込むのではなく、自分の強みが活かせる場所はどこかを考えていくことが大切です。

10.自分が希望する職種の求人が出ていない

転職活動を進めていくと、自分が希望する職種の求人が出ていない場合も少なくありません。職種を限定しているのであれば、転職活動は困難と感じるでしょう。

そのため、他の職種に興味をもちつつ、他の分野で活躍できないかも考える必要があります。また、1年を通して大型連休が多い月は求人数が少ないので、時期を考えながら転職活動を進めていくことが大切です。

転職できない理由は年齢ではない!ポイントは「自分への理解」

転職できない理由として、年齢を気にする人も多いでしょう。たしかに、年齢制限をもうけている企業も少なくありません。

しかし、企業が中途社員を採用する場合、年齢ではなく以下のポイントに着目して採用するかを決めます。

●  これまでどのような経験をしてきたか

●  何を強みとして仕事をしてきたのか

●  自社に活かせるスキルを所有しているか

もし企業が求める年齢層とズレていても、さまざまなスキルや経験をもっていれば、採用される確率は高いです。逆に、年齢が若かったとしても、スキルも経験もない人は採用されません。

そのため、転職活動を円満に進めるためには、まずキャリアプランを定めつつ自分への理解を深めることが大切です。自分がどんな人物で、何を強みとして仕事に励めるのかを考えていきましょう。

転職できない人が取り組むべき8つの対策法

転職できない人が取り組むべき8つの対策法

転職できない原因がわかれば、あとは対策を立てていくだけです。以下に、転職できない人が取り組むべき対策法をまとめました。

  1. やりたい仕事に合わせてスキルを取得する
  2. 自分の価値観に合う企業を選ぶ
  3. 企業側の目線にたって転職活動を行う
  4. 転職理由や希望する働き方を明確化する
  5. 応募する数を増やして採用確率を高める
  6. スケジュール管理をしっかりとする
  7. 転職経験がある人の話を聞いてアドバイスをもらう
  8. 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく解説していきます。

1.やりたい仕事に合わせてスキルを取得する

やりたい仕事や志望する企業に合わせて、スキルの取得に励みましょう。企業にとって必要なスキルをもっていれば、転職できる確率は高くなります。

まずは、どのようなスキルが必要なのか、やりたい仕事や勤めたい企業に合わせて取得していくこが大切です。独学にて勉強するかスクールに通ってスキルを習得し、すぐにでも転職できる状態にしておくと良いでしょう。

2.自分の価値観に合う企業を選ぶ

自分の価値観にあう企業を選ぶことも大切です。もし仕事に対する考え方が異なる企業に勤めてしまうと、再度「転職したい」と考えるようになってしまいます。

積極的に人を採用したいと思っている企業は、常に内部の情報をネット上や外に出しているものです。まずは、企業のリアルな雰囲気を調査してから、最適な企業を選ぶようにしましょう。

3.企業側の目線にたって転職活動を行う

転職活動を円満に進めるのであれば、自分目線ではなく企業目線に立つことも大切です。企業目線で見ていけば、「どのような人を採用したいか」「求めているスキルは何か」がわかるようになります。

転職したいという気持ちが先立ってしまうと、自分のことばかりを考えてしまうもの。まずは、相手の立場に立ってから自分がアピールできるポイントを見つけることが大切です。

4.転職理由や希望する働き方を明確化する

転職するにあたって、転職理由や希望する働き方を明確化しておきましょう。自分にピッタリの企業を探すためにも、自己分析は必要不可欠です。

そのため、今の仕事における不満点を洗い出し、転職先に何を望むか洗い出してみましょう。自身が望んでいる働く条件を見つければ、希望する企業が見つかりやすくなります。

5.応募する数を増やして採用確率を高める

転職できない人の中には、応募件数が少ないという人も少なくありません。そのため、応募する数を増やして採用確率を高めることも大切です。

もし採用されなかったとしても、「なぜ落ちたのか」「どこを改善すればよかったのか」などの対策もたてられるでしょう。面接する回数も増えれば増えるほど、コミュニケーション能力も高くなります。

6.スケジュール管理をしっかりとする

本格的に転職活動をしていくのであれば、いつまでに転職するというスケジュールを立てることも大切です。ただ漠然と「早く転職したい」と考えているだけでは、転職活動はなかなか進みません。

「◯月までに転職する」という明確な目標を立てることで、効率の良い転職活動ができます。

7.転職経験がある人の話を聞いてアドバイスをもらう

転職経験のある人が身近にいるのであれば、話を聞いてみてアドバイスをもらってみましょう。転職活動がうまくいった人というのは、さまざまな対策を立てた結果、最適な職場についていることがほとんどです。

そのため、転職に向けてどんな活動をしてきたのか、話を聞いてみるのもおすすめです。

転職エージェントを活用する

転職活動がなかなかうまくいかないのであれば、転職エージェントの活用も検討しましょう。転職エージェントには専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、無料で相談にのってくれます。

さらに、希望する働き方や職種を伝えておけば、最適な案件を提案してくれるので大変便利です。他にも、履歴書の添削をしてくれたり面接対策などをしてくれる場合もあります。

転職できない人を徹底的にサポートしてくれるので、転職できるか常に不安を抱えているのであれば、ぜひ利用を検討してみてください。

転職できないことに不安を持つ人に向けた3つの名言

転職できないことに不安を抱えているのであれば、ぜひ以下の言葉を参考に転職活動に励んでみてください。

●  「理想的な仕事とは、仕事と休みの区別がつかないようなものである」

●  「自分の仕事は、自分の一生を充実させるためにある」

●  「今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する」

どういった意味か、それぞれわかりやすく紹介していきます。

名言①:本当に楽しい仕事は「境目」すらなくす

「理想的な仕事とは、仕事と休みの区別がつかないようなものである」

(ドナルド・トランプ)

この言葉の詳細やコメントはこちら

元アメリカ大統領のドナルド・トランプが出した名言です。「自分に最適な仕事とは、休みと区別がつかないぐらい楽しいもの」という意味が込められています。

仕事でストレスを感じている場合、適職ではない可能性が高いです。自分にとって何をやっている時が楽しいかを考えていけば、本当に転職したい企業が見つかりやすくなります。

名言②:仕事は「人生の充実」の材料

「自分の仕事は、自分の一生を充実させるためにある」

(武者小路実篤)

この言葉の詳細やコメントはこちら

小説家の武者小路実篤が出した名言です。選ぶ仕事の内容によって、自分の一生は左右されます。

そのため、転職する企業によっても生き方は大きく変化するものです。どんな生涯を過ごしたいかをしっかりと考え、価値観にあった企業を探すことが転職において重要と言えます。

名言③:「やらないこと」の後悔は大きい

「今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する」

(マーク・トウェイン)

この言葉の詳細やコメントはこちら

小説家のマーク・トウェインが出した名言です。「人は昔を思い出す際に、やったことではなくやらなかった事を思い出して後悔する」という意味合いになります。

もし転職がうまくいかず途中で諦めてしまうと、将来的に後悔する可能性が高くなるでしょう。諦めずに転職活動を繰り返していくことで、自分にとっての天職が見つかり後悔することもなくなります。

まとめ

転職活動を進めていても、なかなかうまくいかない原因や対策法についてまとめていきました。

転職できない原因はさまざまですが、年齢は関係ありません。

転職において最も大事なのは自分への理解を深めることで、原因に合わせて対策を立てることが大切です。

本記事の内容も何かしら参考にしてもらえると嬉しいです。

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor