【転職理由】ワークライフバランスの理由とは?例文と面接対策を解説!

「長時間労働やサービス残業が多くて肉体的・精神的につらい」「趣味や家族との時間をもっと大切にしたい」と考えていませんか?
仕事とプライベートのバランスは重要で多くの人が転職理由にワークライフバランスの実現を考えています。
しかし、「責任感がない」「意欲が低い」と誤解される危険性があるため、転職理由はとても重要です。
今回は、説得力のある転職理由について例文の紹介と面接対策を解説します。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

1.ワークライフバランスのコツと転職での視点

1-1.ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの時間や活動のバランスを取ることを指します。仕事やキャリアだけに注力することなく、自分自身の生活や家庭、趣味などを充実させることが重要視されるようになってきました。

ワークライフバランスを実現するためには、以下のような取り組みが必要となります。

①働き方の改善

・残業時間の削減
・効率的な業務の進め方
・フレックスタイムやテレワークなど柔軟な働き方の導入

②プライベートの充実

・家族や友人との時間の確保
・趣味やスポーツ、旅行などの余暇の活用

③健康的な生活

・睡眠時間の確保
・食事や運動のバランスの取れた生活

ワークライフバランスは、ストレスや疲れを軽減し、生産性や仕事の質を向上させることができます。また、社員の定着率の向上や、企業イメージの向上にもつながります。

近年では、企業もワークライフバランスを重視し、福利厚生や働き方改革などの取り組みを行っているところも増えています。仕事とプライベートの両立を実現するために、自己管理能力やコミュニケーション能力の向上も重要です。

1-2.ワークライフバランスを保ちながら仕事も本気でできる?

以下のポイントを押さえると、ワークライフバランスを保ちながら、仕事も本気できるようになります。

①目標の設定とプライオリティの見直し

仕事とプライベートの両方において、自分にとって最も大切な目標を設定し、その達成に向けて取り組みます。

その上で、仕事やプライベートの中で優先すべきタスクやアクティビティを明確にして、時間管理を徹底します。仕事やプライベートのどちらかが犠牲になってしまわないよう、プライオリティを見直すことが大切です。

②自分自身の限界を知る

仕事とプライベートをバランスよく取るためには、自分自身の限界を知り、無理をせずに仕事やプライベートを行うことが大切です。

自分自身が疲れてしまっては、仕事もプライベートも充実したものになりません。必要であれば、休暇を取ったり、趣味を楽しんだりすることでリフレッシュする時間を確保しましょう。

③コミュニケーション能力の向上

仕事とプライベートの両方で、コミュニケーション能力を向上させることは大切です。仕事であれば、チーム内や上司とのコミュニケーションを密にし、仕事の進め方や意見の共有をしましょう。

プライベートでも、家族や友人とコミュニケーションを取り、ストレスを発散することで、仕事に集中することができます。

④ストレスマネジメント

仕事やプライベートでストレスを感じることは避けられません。しかし、ストレスをうまくコントロールすることで、仕事とプライベートの両方を充実させることができます。

ストレスを感じたときには、適度な運動や趣味、リラックス法などを取り入れ、ストレスを解消するようにしましょう。

1-3.転職におけるワークライフバランスに対するあるべき姿勢

ワークライフバランス」と言うと、「仕事よりプライベートを重視する」という意味に捉えられがちです。

しかし、本来は「仕事とプライベートどちらも充実させる」という意味を持ちます。

そのため転職活動の際は、「生産性の高い仕事をし、その分プライベートも実のあるものにする」という姿勢で転職理由を考えると成功に繋がるでしょう。

2.ワークライフバランスの日本の現状と今後

ワークライフバランスの日本の現状と今後について簡単に整理します。

2-1.ワークライフバランスの日本の取り組みの現状

近年、日本においてはワークライフバランスの重視が高まり、政府や企業が働き方改革を推進するなど、取り組みが進んでいます。一方、海外諸国と比較すると、以下のような特徴があります。

①残業時間の削減

欧米諸国においては、労働時間が長くなりすぎることを防止するために、法的な規制が設けられています。また、職場の文化もフレックスタイムやテレワークなど、柔軟な働き方を導入する傾向があります。

一方、日本においては、残業時間が長いことが一般的であり、政府や企業が取り組む中で、改善されつつあります。

②休暇制度の充実

欧米諸国では、有給休暇や育児休暇、介護休暇など、休暇制度が充実しています。また、長期休暇を取る文化が根付いている国もあります。

一方、日本においては、休暇制度が充実しているとは言い難く、長期休暇を取る文化もなかなか根付いていません。

③働き方改革への取り組み

欧米諸国では、政府や企業が働き方改革を推進するために、様々な取り組みが行われています。例えば、フレックスタイムやテレワークなど、柔軟な働き方を導入することで、従業員のワークライフバランスを改善しようとしています。

日本においても、政府や企業が働き方改革に取り組んでおり、フレックスタイムやテレワークの導入など、柔軟な働き方が増えつつあります。

④オフタイムの尊重

欧米諸国では、オフタイムの尊重が重視されており、労働時間外の連絡やメールをすることがあまりない傾向があります。

日本においては、オフタイムにも仕事が持ち込まれることがあるため、企業や社員の意識改革が求められています。

⑤男女共同参画の推進

欧米諸国では、男女共同参画が進んでおり、女性が働きやすい環境が整備されています。育児や家庭の世話をするための制度も充実しており、男性も積極的に育児に参加する文化が根付いています。

日本においては、男女共同参画が進んでいるものの、まだまだ改善の余地があります。育児や家庭の世話をするための制度も充実していませんし、男性も育児に参加することが少ないため、女性が働きやすい環境を整備することが求められています。

⑥シェアリングエコノミーの発展

欧米諸国では、シェアリングエコノミーが発展しており、労働時間外に自分のスキルや時間を販売するサービスや、自宅を貸し出すサービスなどが盛んに行われています。

日本においても、シェアリングエコノミーが広まりつつありますが、まだまだ普及しているとは言えません。

以上のように、日本は欧米諸国と比較すると、まだまだワークライフバランスの改善の余地があるといえます。しかし、政府や企業の取り組みが進んでおり、徐々に改善されつつあると言えます。

2-2.政府が推進している「働き方改革」

政府が推進している働き方改革は、労働環境を改善し、働き方を柔軟にすることで、従業員のワークライフバランスを改善するための取り組みです。

具体的には、以下のような取り組みが挙げられます。

①労働時間の短縮

長時間労働の是正を目指し、労働者の過労死や過労自殺を減らすために、働く時間を短縮する施策が実施されています。例えば、残業時間の上限設定や、休日の確保などがあります。

②労働生産性の向上

働く環境を改善し、労働者の生産性を向上させることを目指しています。例えば、テレワークやフレックスタイム制度の導入、職場環境の改善などが行われています。

③ワークライフバランスの促進

労働者が仕事とプライベートの両立ができるように、ワークライフバランスを重視した働き方を推進しています。例えば、育児休業や介護休業の制度の拡充、男性の育児休業取得率の向上などが取り組まれています。

④労働者のスキルアップ

労働者が自身のスキルを向上させ、キャリアアップができるような環境を整備しています。例えば、教育や研修制度の充実、資格取得支援などが行われています。

⑤非正規労働者の待遇改善

正規労働者と非正規労働者の待遇格差を解消し、非正規労働者の待遇を改善することを目指しています。例えば、同一労働同一賃金の実現や、雇用の安定化などが推進されています。

これらの取り組みによって、企業や従業員の働き方が改善され、ワークライフバランスの向上が期待されています。また、労働生産性の向上や長時間労働の解消にもつながると期待されています。

3.ワークライフバランスで転職するメリット

ワークライフバランスで転職するメリットはどのような点があるでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

3−1.資格取得などスキルアップにつなげる

ワークライフバランスを理由に転職するメリットは、資格取得などのスキルアップに繋がる点です。

ワークライフバランスを重視する企業は過度な残業をするとコンプライアンス違反になるため、働く時間が一定になりやすいです。そのため出社前や定時後に資格取得に向けた勉強ができます。

中にはスキルアップに力を入れている企業もあり、資格取得や英会話などの費用を一部負担してくれる企業もあります。

3−2.趣味や家族との時間を過ごしリラックスする

趣味や家族との時間を過ごせる点もメリットです。

ワークライフバランスを重視する企業は定時で仕事を切り上げる従業員が多いため、家族と過ごす時間が増えます。帰宅後家族と一緒に夕食をとれるのも嬉しいポイント。

中には男性の育児休暇取得を推奨している企業もあります。昨今はさらに働き方改革進めている会社も多数あるため、ぜひワークライフバランスが整った企業を探しましょう。

3−3.副業収入を得る

定時で仕事を切り上げられるのもメリットです。

昨今は副業が主流になり、気軽に副業できる時代になりました。
クラウドソーシングサービスや企業とマッチングできるサービスが豊富であり、利用者が増加しています。

中には「複業」として働きながら「他の企業で仕事を手伝う」という働き方をしている人もいます。これまでのスキルを活かして、幅広い働き方ができると人気です。

しかし、そもそも副業禁止の会社もあるため、事前に就業規則を確認しましょう。

3−4.【結果】仕事の質と効率化が高まる

ワークライフバランスを重視すると、仕事の質と効率化が高まることが分かります。

人は長時間労働を強いられると怠けたくなるものです。

しかしワークライフバランスを重視すると、決められた時間の中で業務遂行しなければならないため、生産性の向上に繋がるでしょう。

ワークライフバランスを重視した働き方は、従業員にとっても会社側にとってもWin-Winな働き方と言えます。

【ワークライフバランス重視の転職ならこの3つに登録!

1.リクルートエージェント:求人数国内最大級!

2.doda転職エージェント:利用者満足度No1!

3.パソナキャリア:女性の転職支援に強い!

4.ワークライフバランスを保ちたいと思って転職する場合の注意点

ワークライフバランスを保つために転職する場合、以下のような注意点があります。

4-1.職場の文化や働き方について調べる

職場の文化や働き方が、ワークライフバランスにどのように影響するかを調べることが大切です。例えば、長時間労働が当たり前となっている職場では、ワークライフバランスを保つことが難しくなる可能性があります。

4-2.残業や休日出勤の頻度や理由について聞く

残業や休日出勤が頻繁に発生する職場では、ワークライフバランスを保つことが難しくなります。転職活動の面接で、そのような頻度や理由について質問しておくことが重要です。

4-3.職種や業界の特性を考慮する

職種や業界によって、ワークライフバランスに違いがあることを考慮することが必要です。例えば、営業職や医療職などは、ワークライフバランスが悪い傾向があります。

4-4.キャリアアップの機会や待遇について確認する

ワークライフバランスを保ちつつ、キャリアアップの機会や待遇が適切であるかを確認することが重要です。転職先でスキルアップや昇進が見込めない場合、将来的にワークライフバランスが悪化する可能性があります。

4-5.面接時に自分の希望や条件を明確に伝える

面接時に、自分が求めるワークライフバランスについて明確に伝えることが重要です。例えば、残業の頻度や希望するフレックスタイムの制度などを具体的に伝えることで、自分に適した職場を見つけることができます。

以上のように、ワークライフバランスを保ちながら転職する場合は、職場の文化や働き方、職種や業界の特性、キャリアアップの機会や待遇、自分の希望や条件などを考慮することが大切です。

5.ワークライフバランスを重視した転職でやるべきこと

ワークライフバランスを重視した転職でやるべきこと

自分の望むワークライフバランスに合った企業を探すなら、自分で探すのもいいですが、膨大な企業の中から自分の条件にマッチした企業を探すのはかなり大変です。

そんな時は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントはエージェントとの相性もありますし、エージェントが抱えている非公開求人も企業によってバラバラだったりもしますので、2~3社は登録しておくことをおすすめします。

その中でも「リクルートエージェント」は特におすすめの1社です。

業界トップクラスの実績とノウハウを持ち、なんといっても国内最大級の求人情報を保有しています。また充実したサポートで、求職者にマッチした転職活動を確実にサポートしてくれます。

リクルートエージェントは、転職エージェントを利用する際に、まず確実に登録しておくべきエージェントです。まだ登録していない人は、まずは登録だけでもしておきましょう。

>>リクルートエージェント(公式サイト)に今すぐ登録する

リクルートエージェントも含めて、ワークライフバランスを重視した転職を希望の方に、編集部が自信を持っておすすめできる転職エージェントがこちらの3つです。

【編集部イチオシ!

ワークライフバランス重視の転職ならこの3つに登録!(いますぐ登録しよう)

↓ ↓ ↓

1.リクルートエージェント:求人数国内最大級なので見つかる!

2.doda転職エージェント:利用者満足度No1だから安心!

3.パソナキャリア:女性の転職支援に強いので相談できる!

6.ワークライフバランスを重視している企業の見つけ方

ワークライフバランスを重視している企業の見つけ方

ワークライフバランスが重視されている企業を見つけるには、以下のような方法があります。

6-1.企業のホームページや求人情報を確認する

企業のホームページや求人情報には、ワークライフバランスについての記載があることがあります。福利厚生や休暇制度、フレックスタイムやテレワークなど、働き方に関する情報を確認することができます。

6-2.インタビュー記事や口コミサイトの確認

インタビュー記事や口コミサイトなどでは、現在の従業員や元従業員からの評判が記載されていることがあります。ワークライフバランスに関する評判が良い企業を探すことができます。

6-3.インターンシップやイベントへの参加

企業のインターンシップやイベントに参加することで、企業の雰囲気や働き方について実際に体験することができます。その中で、ワークライフバランスに重きを置いている企業を探すことができます。

6-4.企業のランキングを確認する

ワークライフバランスに関するランキングを確認することで、ワークライフバランスに重きを置いている企業を探すことができます。例えば、「ワークライフバランスランキング」や「働きがいのある会社ランキング」などがあります。

6-5.企業文化についての調査

企業文化がワークライフバランスに重きを置いているかどうかを調査することが大切です。従業員の働き方に対する理解や、家族や趣味といったプライベートの時間を尊重しているかどうかを確認することができます。

6-6.福利厚生や休暇制度の内容を確認

福利厚生や休暇制度の内容を確認することで、ワークライフバランスに重きを置いているかどうかを見極めることができます。例えば、フレックスタイムやテレワーク、育児休暇や介護休暇など、働き方を柔軟にする制度が充実しているかどうかを確認することが大切です。

6-7.従業員の声を聞く

従業員の声を聞くことで、企業がワークライフバランスに重きを置いているかどうかを確認することができます。従業員がストレスを感じることなく、働きやすい環境が整備されているかどうかを確認することができます。

6-8.上司や管理職の働き方に注目する

上司や管理職の働き方がワークライフバランスに配慮されているかどうかを確認することも大切です。管理職が残業や休日出勤を当たり前としている場合、従業員も同じような働き方を求められる可能性が高いため、上司や管理職の働き方にも注目する必要があります。

6-9.業績や成長率の状況を確認する

企業がワークライフバランスに重きを置いている場合でも、業績や成長率が低い場合は、長期的なワークライフバランスの実現が難しいことがあります。企業の業績や成長率にも注目し、将来性がある企業であるかどうかを確認することが大切です。

これらのポイントを組み合わせて、ワークライフバランスに重きを置いている企業を見極めることができます。また、応募前には、企業の社員や元社員との交流を通じて、詳細な情報を収集することも重要です。

また、企業のワークライフバランスについて面接で質問することも大切です。

7.ワークライフバランスを転職理由とした転職活動のポイント

ワークライフバランスを転職理由とした転職活動のポイント

ワークライフバランスを理由に転職するのであれば、仕事の効率化と生産性の向上に焦点を当てた転職理由にしましょう。

ここからは、ワークライフバランスを転職理由にする場合のポイントをご紹介します。

7−1.ワークライフバランスは応募先で貢献できることを伝える

応募先で、あなたが考えるワークライフバランスが実現できることを伝えましょう。

採用担当者は、ライフイベントがあっても長く働いてくれる人材を確保します。そのため、あらかじめ応募先で仕事と私生活の両立ができるか確認しましょう。

求人に「年間休日数」や「平均残業時間」を記載している企業もあります。ワークライフバランスを実現できそうな項目をしっかり確認し、長く働けるアピールをすると効果的でしょう。

7−2.前職でワークライフバランスの実現に向けた具体的な行動を伝える

前職ではワークライフバランスの実現に向けた具体的な行動をしていたかを伝えましょう。

行動の結果実現が難しかった理由も加えると効果的です。なぜなら、転職してもワークライフバランスの実現ができなければ、早期退職するのではないかと懸念されるからです。

具体的な行動の例は、「1日のタスク表を作成してその日中に終わらせていたが、他の人の仕事も振られて結局残業していた」などで良いでしょう。

このように、具体的なエピソードを織り交ぜると説得力が増します。

7−3.応募先でワークライフバランスが実現できると判断した理由を伝える

応募先でワークライフバランスの実現ができると判断した理由を伝えましょう。

応募者が働きやすいと感じていたとしても、認識がズレている可能性があるからです。

例えば、就業時間が「9:00〜18:00」と記載されていても、実際には8:00に出社する人がほとんどであれば、転職後苦痛に感じてしまうかもしれません。

認識合わせのためにも、ワークライフバランスの実現ができると判断した理由を伝えましょう。

8.ワークライフバランスが転職理由の時の面接でのメッセージの仕方

ワークライフバランスが転職理由の時の面接でのメッセージの仕方

ワークライフバランスが転職理由の時の面接のポイントを整理して解説します。

8-1.まず、選考官が見てくるポイント

ワークライフバランスを保ちたいと思って転職しようとしている人を選考する場合、選考官が見てくるポイントは以下の通りです。

(1) 応募者の志望動機
応募者がなぜワークライフバランスを重視したいのか、その動機や背景を明確に説明できるかどうかが重要です。

(2)コミュニケーション能力
ワークライフバランスを重視する企業では、チームワークやコミュニケーション能力が求められます。応募者のコミュニケーション能力が高いかどうかを見ることがあります。

(3)ストレス耐性
応募者がワークライフバランスを重視する場合、仕事とプライベートを切り分けることが求められます。そのため、ストレス耐性が高いかどうかが注目されます。

(4)面接対応の態度や姿勢
面接での応対や姿勢も選考のポイントとなります。自己PR文や志望動機などがワークライフバランスについても意識した内容になっているかどうかも重要です。

(5)スキルや経験
応募者が持つスキルや経験が、ワークライフバランスを重視した職場でも役立つかどうかが重要です。

(6)業界や職種に対する知識
応募者が応募する業界や職種に対する知識や理解があるかどうかも選考のポイントです。

(7)チームや企業文化へのフィット感
ワークライフバランスを重視する企業においては、チームワークや企業文化が重視されます。応募者がチームや企業文化にフィットしているかどうかが見られます。

(8)仕事への取り組み方
応募者が仕事にどのような取り組み方をするか、やりがいやモチベーションについてどのように考えているかも選考のポイントです。

(9)仕事の効率化への取り組み
ワークライフバランスを保つためには、仕事の効率化が必要です。応募者が仕事の効率化にどのように取り組んでいるかが注目されます。

(10)自己管理能力
ワークライフバランスを保つためには、自己管理能力が重要です。応募者が自己管理能力に優れているかどうかを見ることがあります。

(11)人間力
仕事だけでなく、人間力も求められる場合があります。応募者の人間力や、人間関係の築き方が見られます。

以上が、選考官が見てくるポイントの一例です。ただし、企業や職種によって求められるポイントは異なるため、事前に求人情報などで確認しておくことが大切です。

8-2.選考官がNGと見極めるポイント

以下は、ワークライフバランスを保ちたいと思って転職しようとしている人を選考する場合に、選考官がNGと見極めるポイントです。

(1)転職回数が多い場合
転職回数が多いと、今後も長く働くことができるかどうか疑問視される場合があります。

(2)求人情報と応募者の志向性・キャリアプランが合わない場合
求人情報と応募者の志向性やキャリアプランが合わない場合、長期的な採用とならないためNGと判断される場合があります。

(3)コミュニケーション能力の不足
コミュニケーション能力が不足していると、チームでの業務遂行やクライアントとのやりとりなどで支障が出るため、NGと判断される場合があります。

(4)仕事のモチベーションが不明確な場合
仕事のモチベーションが不明確であると、業務遂行に支障が出るため、NGと判断される場合があります。

(5)面接態度が不適切な場合
面接態度が不適切であると、コミュニケーション能力や人間力に欠けると判断され、NGとされる場合があります。

(6)応募理由が不明確な場合
応募理由が不明確であると、長期的な採用とならないため、NGと判断される場合があります。

(7)過去の職場でのトラブルがある場合
過去の職場でのトラブルがあると、今後も同様の問題が起きる可能性があるため、NGと判断される場合があります。

(8)過去の職歴が短期間である場合
過去の職歴が短期間であると、今後も長く働くことができるかどうか疑問視される場合があります。

(9)スキルや経験が求人条件と合わない場合
スキルや経験が求人条件と合わない場合、採用後の業務遂行が困難になるため、NGと判断される場合があります。

(10)転職理由が明確でない場合
転職理由が明確でないと、今後も同様の問題が起きる可能性があるため、NGと判断される場合があります。

(11)自己PRが不十分な場合
自己PRが不十分な場合、魅力的な応募者であると判断されず、NGとされる場合があります。

(12)業務内容に興味がない場合
業務内容に興味がないと、長期的な採用とならないため、NGと判断される場合があります。

(13)面接時に過剰な要求をする場合
面接時に過剰な要求をすると、現実的ではないと判断され、NGとされる場合があります。

8-3.やってはいけない/NGな方法

転職面接でのメッセージの仕方には、適切な方法とNGな方法があります。以下に、NGな方法をいくつか挙げてみます。

(1)職場の状況についてクレームを言う

過去の職場でワークライフバランスが悪かったことや、今の職場が酷いといったクレームを言うのは避けましょう。これは、面接官にマイナス印象を与えるだけでなく、自分の過去や現在の職場での対人関係や能力についても悪い印象を与える可能性があります。

(2)希望する労働時間や待遇を過度に強調する

自分の希望する労働時間や待遇を過度に強調するのは、求職者としての姿勢が薄れ、自己中心的な印象を与える恐れがあります。面接官に会社の利益を考慮した姿勢をアピールすることが大切です。

(3)ワークライフバランス以外の要因を無視する

ワークライフバランスを重視することは大切ですが、そのために他の重要な要素を無視するのは避けましょう。例えば、業務内容やチームメンバー、企業のビジョンなどは、転職を決める上で重要な要素の一つです。

(4)企業側に過剰な期待を抱く

企業側が求職者の期待を完全に満たしてくれることは難しいため、求職者が過剰な期待を抱くのは避けましょう。自分自身でワークライフバランスを保つための努力も必要です。

以上のように、転職面接でのメッセージの仕方には、NGな方法があります。自分の希望や条件を伝える際には、面接官に好印象を与えるためにも、適切な方法を選ぶことが大切です。

8-4.面接でのメッセージの仕方として、押さえておくべきポイント

ワークライフバランスを重視した転職をする際の面接でのメッセージで、押さえておくべきポイントをまとめます。

(1)ワークライフバランスが重要である旨を明確に伝える
面接官に対し、自分がワークライフバランスを重視する姿勢を明確に伝えましょう。

(2)過去の職場での経験を具体的に述べる
過去の職場でのワークライフバランスに関する経験を、具体的な事例とともに述べることで、面接官に伝えましょう。

(3)業務内容に関する希望を明確にする
業務内容に関する希望を明確に伝えることで、自分がワークライフバランスを保つために必要な業務内容を面接官に伝えましょう。

(4)職場の雰囲気や文化について質問する
職場の雰囲気や文化について質問することで、面接官に対して自分が求める職場環境を伝えることができます。

(5)自分のライフスタイルについて説明する
自分のライフスタイルについて、例えば家庭がある場合は育児に関する状況や希望について説明することで、自分がワークライフバランスを保つために必要な条件を面接官に伝えましょう。

(6)給与面に関する妥協点を明確にする
給与面に関して妥協点を明確に伝えることで、面接官に対して自分がワークライフバランスを重視することに対する真剣度を示しましょう。

(7)長期的なキャリアプランについて話す
長期的なキャリアプランを持ち、その中でワークライフバランスを重視することを明確に伝えることで、面接官に対して自分のビジョンや将来性を示しましょう。

(8)自分がどのような職場環境で働きたいのかを伝える
自分がどのような職場環境で働きたいのかを自分のイメージを伝えましょう。

(9)仕事とプライベートのバランスについて自分なりの工夫を話す
自分なりにワークライフバランスを保つために行っている工夫や、今後取り入れたいと思っていることを話すことで、面接官に対して自分が真剣に取り組んでいることを示しましょう。

(10)ワークライフバランスを実現するための支援制度や取り組みについて聞く
転職先の企業がどのようなワークライフバランスを実現するための支援制度や取り組みを行っているかを聞くことで、自分自身のワークライフバランスに関する課題と企業の取り組みを比較し、適切な転職先を選ぶことができます。

以上のように、面接でのワークライフバランスに関するメッセージの仕方には、押さえておくべきポイントがあります。自分自身の考えや希望を明確に伝えることで、適切な転職先を見つけることができます。

8-5.ワークライフバランス以外も重視していることが伝わるコツ

ワークライフバランスを重視していることを伝えすぎると、ワークライフバランス以外は重視していないのでは?仕事は本気で取り組めないと伝わってしまわないかと心配になることがあると思います。

そこで、ワークライフバランスを重視しつつもワークライフバランス以外もしっかり重視していることを面接で伝えるためのポイントを整理しておきます。

(1)自己分析をして、自分がどのような価値観を持っているのかを明確にする
自分自身がどのような価値観を持っているのかを明確にすることで、自分自身が何を大切にしているかを把握することができます。それを踏まえた上で、面接で自分の考えを伝えることが大切です。

(2)仕事に対する情熱や目標を伝える
仕事に対する情熱や、将来のキャリアアップに向けた目標を明確に伝えることで、自分が仕事に真剣に取り組んでいることをアピールすることができます。

(3)コミュニケーション能力やチームワークをアピールする
コミュニケーション能力やチームワークに関する自分の強みをアピールすることで、自分が仕事の中で、他のメンバーと協力し、チームワークを発揮することができる人物であることを示すことができます。

(4)スキルアップや学びに積極的であることをアピールする
スキルアップや学びに積極的であることをアピールすることで、自分が成長意欲に溢れ、自己成長を目指していることをアピールすることができます。

(5)自分自身の弱みや改善点についても認識していることを示す
自分自身の弱みや改善点についても認識していることを示すことで、自分自身が自己分析をしており、自己成長に努めていることをアピールすることができます。

(6)仕事とプライベートを両立させることに対する意識をアピールする
仕事とプライベートの両立に対しても意識を持っていることをアピールすることで、自分自身がバランスをとりながら働くことができる人物であることを示すことができます。

(7)企業に対する理解をアピールする
転職先の企業について、その業界や事業内容に関する理解をアピールすることで、自分自身が転職先について真剣に考え、自分自身の能力を活かして貢献することができる人物であることを示すことができます。

(8)自分自身が求めるキャリアアップについて語る
自分自身が求めるキャリアアップについて語ることで、自分自身が成長意欲に溢れ、将来的にも自分自身が貢献できる人物であることを示すことができます。

(9)転職先で期待することを伝える
転職先で期待することを伝えることで、自分自身がワークライフバランス以外にも、仕事や職場環境に対してしっかりと意識を持っていることを示すことができます。

以上のように、自分自身が仕事や職場環境に対して真剣に考え、自分自身の能力を活かして貢献することができる人物であることを示すことが大切です。自己分析をし、自分自身が何を大切にしているのかを明確にし、それを踏まえた上で、面接官に自分自身の考えやアピールポイントを伝えることが重要となります。

9.ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文

それでは、ここからはここまでの話を踏まえて、ワークライフバランスを理由にした転職理由のフレーズや例文を具体的に見ていきましょう。

9-1.ワークライフバランスを理由にした転職理由のフレーズ

以下に、ワークライフバランスを保ちたいと思って転職する場合の自己PR文のフレーズ例を示します。たくさん上げてみますので、自分にフィットしそうなものを見つけていただき、自身の言葉ではどう語るかをイメージしてみていただければと思います。

<ワークライフバランスを理由にした転職理由のフレーズ例>

  1. ワークライフバランスを大切にし、自分自身が仕事とプライベートの両立を図りながら働くことができることを自負しています。
  2. キャリアアップに向けて真剣に取り組みつつ、自分自身がリフレッシュする時間を確保し、バランスをとりながら働くことができます。
  3. 仕事に対する情熱とともに、プライベートの時間も大切にし、自分自身がバランスをとりながら働くことができる人物であると自負しています。
  4. ワークライフバランスを重視し、自分自身が家族との時間を大切にしながらも、仕事に真剣に取り組むことができます。
  5. 自分自身がキャリアアップに向けて努力する一方で、家族や友人と過ごす時間も大切にし、バランスをとりながら働くことができます。
  6. 仕事に対する情熱を持ちつつ、自分自身がリフレッシュする時間を確保し、ワークライフバランスを大切にしながら働くことができます。
  7. 自分自身がキャリアアップに向けて真剣に取り組む一方で、プライベートの時間も大切にし、バランスをとりながら働くことができます。
  8. 仕事とプライベートをバランスよく両立させることができるとともに、自分自身が成長意欲に溢れ、キャリアアップに向けて努力することができます。
  9. 自分自身がワークライフバランスを重視しながらも、将来的なキャリアアップを見据え、自己成長に取り組むことができる人物であると自負しています。
  10. 自分自身が仕事に真剣に取り組む一方で、プライベートの時間も大切にし、家族との時間や趣味に充てる時間を確保しながら、バランスをとりなワークライフバランスを保ちつつ、自分自身が働く環境を整え、仕事に集中できる環境を作り出すことができます。
  11. 自分自身が仕事に真剣に取り組む一方で、プライベートの時間も大切にし、両方の充実を図ることができます。
  12. 自分自身が自己管理をしっかりと行い、健康的な生活習慣を保ちながら、仕事とプライベートのバランスを取りながら働くことができます。
  13. 家族との時間や趣味に充てる時間を確保しながら、自分自身が成長し、キャリアアップを目指すことができます。
  14. 自分自身がワークライフバランスを重視する一方で、チームや企業の目標達成に向けて貢献することができます。
  15. 自分自身が働く上での目標や価値観を明確にし、それを実現するために自分自身が努力することができます。
  16. 自分自身が自己成長に取り組みつつ、プライベートの時間も確保しながら、チームや企業の目標達成に貢献することができます。
  17. ワークライフバランスを重視しながらも、自分自身がリーダーシップを発揮し、チームの目標達成に向けて取り組むことができます。
  18. 自分自身が効率的に仕事をこなしながら、プライベートの時間も確保し、バランスをとりながら働くことができます。
  19. 自分自身がチャレンジ精神を持ちつつ、ワークライフバランスを保ちながら、新たなスキルを習得し、キャリアアップにつなげることができます。がら働くことができます。
  20. ワークライフバランスを重視しながらも、自分自身がチャレンジすることで、新しい発想やアイデアを生み出し、チームや企業に貢献することができます。
  21. 自分自身が業務効率化やプロセス改善に取り組むことで、ワークライフバランスを保ちながら、企業の業績向上に貢献することができます。
  22. 自分自身がコミュニケーション能力を高め、円滑な業務進行やチームワークの改善に取り組むことで、ワークライフバランスと仕事の成果を両立することができます。
  23. 自分自身がストレスマネジメントや時間管理に取り組むことで、ワークライフバランスを保ちつつ、仕事に集中できる環境を整えることができます。
  24. 自分自身が自己肯定感を高め、ワークライフバランスを保ちながら、自分自身の仕事へのやりがいを維持し、モチベーションを維持することができます。
  25. 自分自身が自己啓発や知識習得に取り組むことで、自分自身が成長する一方で、チームや企業に貢献することができます。
  26. 自分自身が自己管理を徹底し、健康的な生活習慣を保ちながら、ワークライフバランスを保ちながら、仕事の成果を最大化することができます。
  27. 自分自身が自己反省や改善意識を持ち、ワークライフバランスを保ちながら、課題解決や改善に取り組むことができます。
  28. 自分自身がプライベートの時間を大切にしながらも、柔軟に業務に対応することができ、チームや企業の信頼を得ることができます。
  29. 自分自身がコミュニケーションやリーダーシップ力を磨きつつ、ワークライフバランスを保ちながら、チームの目標達成に向けて貢献することができます。
  30. 自分自身が仕事の優先度を明確にし、時間配分を計画的に行うことで、ワークライフバランスを保ちながら、仕事の成果を上げることができます。
  31. 自分自身がフレキシブルな働き方に対応できる柔軟性を持ちつつ、ワークライフバランスを保ちつつ、仕事に集中することができます。
  32. 自分自身がストレスに負けずに、プライベートの時間を確保しながらも、困難な業務に取り組むことができます。
  33. 自分自身が仕事とプライベートのバランスを取りつつ、周囲の人たちとコミュニケーションを密に取り、協力しながら業務を遂行することができます。
  34. 自分自身が柔軟な発想を持ち、新たなアイデアを提供することで、ワークライフバランスと成果を両立することができます。
  35. 自分自身がプライベートの時間を大切にし、リフレッシュすることで、仕事により一層集中することができます。
  36. 自分自身が自己目標を設定し、達成することで、ワークライフバランスを保ちながら、自分自身の成長を促進することができます。
  37. 自分自身が健康管理に取り組むことで、ワークライフバランスを保ちながら、仕事に取り組むことができます。
  38. 自分自身が自己研鑽を怠らず、常に新しいことに挑戦することで、ワークライフバランスを保ちつつ、自分自身のスキルアップに貢献することができます。
  39. 自分自身が柔軟に業務に対応することで、チームの信頼を得つつ、ワークライフバランスを保ちつつ、成果を上げることができます。

以上のように、自己PR文には、自分自身がワークライフバランスを保ちながらも、仕事に集中し、成果を上げることができることをアピールすることが重要です。自己分析を行い、自分自身が大切にしている価値観も伝え、転職先の企業に対しても貢献できることをしっかり伝えていきましょう。

9-2.ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文

例えばどのような書き方で書面上では伝えればよいでしょうか。

3つほど例文を記載しておきます。

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文1

「御社を志望した理由は、仕事とプライベートの両立をすることで、質の高い仕事が実現できると感じたからです。御社はリモートワークを取り入れており、月平均残業時間も10時間と非常に働きやすい環境です。そのため、就業時間内に生産性の高い仕事ができると考えました。御社に入社いたしましたら、正確で迅速な仕事を心がけます。」

この志望理由の例文のポイントは以下の通りです。

1.応募先で自分が大切にしていることを明確に伝えている。
2.御社で実現できることに焦点を当てている。
3.御社の働きやすさをアピールしている。
4.具体的な数字(月平均残業時間)を挙げ、信憑性を高めている。
5.入社後の意欲や姿勢を示している。

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文2

「前職では仕事とプライベートのバランスが取りにくく、自分が大切にしたいライフスタイルが保ちにくい側面がありました。そこで、ワークライフバランスが実現できる企業を探しており、貴社が社員のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を推進していることに魅力を感じました。貴社で働くことで、私自身が成長し、長期的に貴社で働くことを目指しています。」

この志望理由の例文のポイントは以下の通りです。

1.前職での課題や問題点を明確に伝え、それを解決するために御社を選んだことを示している。
2.御社が求職者にとって魅力的な働き方を推進していることに着目し、御社での働き方を強くアピールしている。
3.御社での成長に期待していることを示しており、長期的に御社で働く意欲があることを伝えている。
4.自己中心的ではなく、御社との相乗効果を示しており、御社が求める人材であることをアピールしている。

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文3

「前職では、自分が大切にしているプライベートとのバランスを取りにくい状況でした。そこで、ワークライフバランスが実現できる企業を探しており、貴社の社員の方々が柔軟な働き方を実践されていることに魅力を感じました。また、貴社の事業に興味を持ち、自身が成長できる場であると感じました。前職で培った経験を生かし、貴社に貢献できるよう、積極的に取り組みます。」

この志望理由についてポイントを整理すると以下のようになります。

1.前職のことを悪く言い過ぎず、ポジティブな表現にする。
2.ワークライフバランスを実現できる企業を探しており、その点で貴社が魅力的である旨を伝える。
3.貴社の柔軟な働き方と、事業に対する興味を持っていることを示す。
4.前職で培った経験を貴社で活かす意欲があることを伝える。
5.貴社に貢献するため、積極的に取り組む姿勢を示す。

それ以外もメッセージの仕方のヒントになるように、いくつか例文だけ上げておきます。

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文4

「私は、ワークライフバランスを大切にしつつも、仕事に真摯に取り組むことができると自負しております。以前の職場では、長時間労働や残業が常態化している環境で働いていました。そのため、ストレスや疲れがたまり、プライベートの時間が減少してしまうこともありました。しかし、その経験を生かして、今後の転職においては、ワークライフバランスを重視した職場での勤務を希望しています。しかし、その一方で、自分自身が成長するためには、業務に真剣に取り組むことも重要であると考えています。そのため、時間配分を計画的に行い、効率的に業務を遂行することができるスキルをさらに磨いていきたいと思っています。また、自分自身が得意とする業務については、チームメンバーにアドバイスを提供するなど、協力的な姿勢を常に心がけています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文5

「私は、ワークライフバランスを重視しつつ、仕事に情熱を持って取り組むことができる自負があります。以前の職場では、長時間の残業や過剰な業務量により、ストレスや疲れがたまり、プライベートの時間が犠牲になることが多かったです。しかし、その経験を踏まえ、今後はワークライフバランスを大切にし、時間の有効活用やストレスマネジメントに取り組み、プライベートの充実と仕事の成果を両立することができる環境で働きたいと考えています。その一方で、仕事に情熱を持ち、常に新しいアイデアや発想を提供することができます。また、自分自身が得意とする業務に対しては、自発的にリーダーシップを発揮し、チームメンバーを引っ張っていくことができます。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文6

「私は、ワークライフバランスを保ちながらも、企業の業績向上に貢献することができると自部しております。以前の職場では、業界・業態の特性上、深夜の業務が発生したり、長時間の労働や残業が必要となっていたりと、プライベートの時間を犠牲にせざるを得ませんでした。しかし、自分自身の健康状態や家族との時間を考え、今後はワークライフバランスを重視した働き方を希望しています。その一方で、自分自身が得意とする業務については、チームメンバーにアドバイスを提供するなど、協力的な姿勢を心がけています。また、自分自身のスキルアップや業務改善にも積極的に取り組み、企業の業績向上に貢献することができます。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、仕事の成果を上げ、企業と共に成長していくことを目指しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文7

「私は、ワークライフバランスを重視しながらも、仕事に全力で取り組むことができる人材です。以前の職場では、長時間の残業や過剰な業務量により、プライベートの時間を削ることが多かったです。しかし、自分自身の健康管理や家族との時間を大切にするようになり、今後はワークライフバランスを重視した職場での勤務を希望しています。その一方で、自分自身が得意とする業務については、常に高い品質を提供することができます。また、新たなアイデアや発想を提供し、業務改善に取り組むことも得意です。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、チームの成果を上げることができ、企業と共に成長していくことを目指しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文8

「私は、ワークライフバランスを大切にしながらも、チャレンジ精神を持ち、新たなことに挑戦することができます。以前の職場では、過剰な業務量や長時間労働が常態化しており、ストレスや疲れがたまり、プライベートの時間が犠牲になることが多かったです。しかし、その経験を踏まえ、今後はワークライフバランスを大切にしつつ、自分自身のスキルアップに取り組み、業務の改善や新しい技術の導入など、新たなことにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。また、自分自身が得意とする業務については、リーダーシップを発揮し、チームメンバーを引っ張っていくことができます。その一方で、仕事以外の時間には趣味や家族との時間を大切にし、心身の健康を維持することも重要視しています。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、常に新しいことに挑戦し、成長し続けることができる人材であると自負しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文9

「私は、ワークライフバランスを重視しつつも、高い目標を達成するために必要な努力を惜しまない人間です。以前の職場では、長時間の残業や過剰な業務量により、プライベートの時間が犠牲になることが多かったです。しかし、その経験を踏まえ、今後はワークライフバランスを大切にしつつ、時間管理やタスク管理に取り組み、仕事の成果を上げることができる環境で働きたいと考えています。また、自分自身が得意とする業務については、常に高い品質を提供することができます。さらに、自分自身のスキルアップにも積極的に取り組み、新しい知識や技術を習得することができます。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、高い目標を達成するために必要な努力を惜しまない人材であると自負しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文10

「私は、ワークライフバランスを重視しつつも、柔軟な発想と行動力を持って業務に取り組むことができる人材です。以前の職場では、長時間の残業や過剰な業務量により、プライベートの時間を犠牲にすることが多かったです。しかし、自分自身が成長するためには、ストレスマネジメントや時間管理などのスキルも重要であると考え、ワークライフバランスを保ちつつ、業務の改善や新しいアイデアの提供に取り組んでいます。また、自分自身が得意とする業務については、柔軟な発想で解決策を提供し、チームメンバーにもその考え方を伝えることができます。その一方で、仕事以外の時間には趣味や家族との時間を大切にし、心身の健康を維持することも重要視しています。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、チャレンジ精神を持って業務に取り組み、企業の成長に貢献することができる人材であると自負しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文11

「私は、ワークライフバランスを重視しつつも、コミュニケーション能力やチームワークを活かして業務に取り組むことができます。以前の職場では、過剰な業務量や長時間労働が常態化しており、ストレスや疲れがたまり、プライベートの時間が犠牲になることが多かったです。しかし、自分自身が成長するためには、コミュニケーション能力やチームワークの重要性を認識し、ワークライフバランスを保ちつつ、チームメンバーと協力して業務に取り組むことができます。また、自分自身が得意とする業務については、高い品質を提供することができます。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、コミュニケーション能力やチームワークを活かし、チームの成果を上げ、企業と共に成長していくことを目指しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文12

「私は、ワークライフバランスを重視しつつも、自己成長に取り組むことができる人材です。以前の職場では、長時間の残業や過剰な業務量により、自己成長のための時間が確保できないことが多かったです。しかし、今後はワークライフバランスを大切にしつつ、自己成長のための時間を確保し、新しい知識やスキルを習得することができる環境で働きたいと考えています。その一方で、自分自身が得意とする業務については、高い品質を提供することができます。また、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も高く、顧客や上司との折衝やプロジェクトの成功に貢献することができます。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、自己成長に取り組み、自分自身が成長することで企業に貢献することができる人材であると自負しています。」

ワークライフバランスを理由にした転職理由の例文13

「私は、ワークライフバランスを重視しつつも、課題解決能力やリーダーシップを発揮して業務に取り組むことができる人材です。以前の職場では、長時間の残業や過剰な業務量により、プライベートの時間が犠牲になることが多かったです。しかし、ワークライフバランスを重視すると同時に、課題解決能力やリーダーシップを発揮して業務の改善や新しいアイデアの提供に取り組むことができます。また、自分自身が得意とする業務については、高い品質を提供することができます。さらに、自分自身のスキルアップにも積極的に取り組み、新しい知識や技術を習得することができます。私は、ワークライフバランスを保ちつつも、企業の成長に貢献することができる人材であると自負しています。」

上記のポイントや例文を参考に、ワークライフバランスを理由とした志望理由を自分の考えをベースに自分の言葉で自己PR文に盛り込んでみてください。

10.女性活躍について、現状と今後について

女性活躍について、現状と今後について

女性活躍に関する現状と今後についても整理しておきます。

10-1.女性活躍の現状と今後

女性活躍については、現在、以下のような状況や課題が存在しています。

【現状】

①女性の社会進出が進んでいるが、男女格差が依然として存在する。

女性の社会進出が進んでいる一方で、男女格差が依然として存在しています。例えば、女性の平均年収が男性の約7割程度であることや、管理職に占める女性の割合が低いことが挙げられます。

②女性が働きやすい環境の整備が求められている。

女性が働きやすい環境の整備が求められています。例えば、育児や介護などのライフイベントに柔軟に対応できる制度や、セクハラやパワハラなどを防止する取り組みが必要です。

③キャリアと家庭の両立が難しいという課題がある。

女性がキャリアと家庭を両立することが難しいという課題があります。特に、出産や子育て期間中には、キャリアアップの機会を逃してしまうことがあるため、長期的なキャリア形成が困難になることがあります。

【今後】

①女性が働きやすい環境を整備することが求められている。

女性が働きやすい環境を整備することが求められています。例えば、育児や介護などのライフイベントに対応できる制度の充実や、テレワークの導入などが必要です。

②女性のキャリアアップを支援する制度や取り組みが進められている。

女性のキャリアアップを支援する制度や取り組みが進められています。例えば、女性管理職の割合を目標とする取り組みや、女性が起業するための支援制度などがあります。

③性別に関係なく、多様な人材の活躍が求められる社会になっていく。

性別に関係なく、多様な人材の活躍が求められる社会になっていくことが求められています。例えば、LGBTなどの認知や受容性に向けても、社会も企業の中でも各種取り組みが動いております。

④女性の活躍が企業の競争力向上につながることが認識されている。

女性が活躍することで、企業の競争力向上につながることが認識されています。例えば、女性が消費市場の中心になっていることを考えると、女性の視点やニーズを反映した製品開発やサービス提供が企業の競争力向上につながることがあります。

⑤政府による取り組みが進められている。

政府による女性活躍に関する取り組みが進められています。例えば、女性の活躍を促進する法律や、女性が働きやすい環境を整備するための支援制度があります。

⑥新型コロナウイルスの影響で、女性の労働環境が悪化している。

新型コロナウイルスの影響で、女性の労働環境が悪化しているという課題もあります。例えば、子育てや介護が必要な家庭でのテレワークの導入が進まないことで、女性が仕事と家庭を両立することが難しくなっています。

以上のように、女性活躍に関しては、社会進出が進んでいる一方で、まだまだ課題が存在しています。政府や企業による取り組みが進められることで、より働きやすい環境が整備され、多様な人材が活躍する社会を実現していくことが求められます。

10-2.人的資本開示における女性活躍

人的資本開示とは、企業が自社の人材資源に関する情報を開示することを指します。具体的には、従業員の人数や年齢、学歴・資格、キャリアパスやスキルアップの仕組みなどが含まれます。

近年、人的資本開示においては、女性活躍に関する情報の開示が求められています。これは、女性が社会進出し、キャリアアップを図る上で、企業がどのような環境や取り組みを行っているかを公開することで、女性が働きやすい職場づくりが進むことを目的としています。

例えば、以下のような情報が女性活躍に関する人的資本開示の対象となります。

①女性従業員の人数や割合

女性従業員の人数や割合を開示することで、女性が働きやすい職場であるかどうかの判断材料となります。

②育児や介護などのライフイベントに対する取り組み

育児や介護などのライフイベントに対する制度や取り組みを開示することで、女性がキャリアと家庭を両立しやすい職場であるかどうかの判断材料となります。

③女性管理職の割合やキャリアアップの取り組み

女性管理職の割合や、女性のキャリアアップに向けた取り組みを開示することで、女性が昇進やスキルアップの機会を得られる職場であるかどうかの判断材料となります。

④セクハラやパワハラの防止策や対応策

セクハラやパワハラの防止策や対応策を開示することで、女性が安心して働ける職場であるかどうかの判断材料となります。

女性活躍に関する人的資本開示は、女性が働きやすい環境づくりに役立つだけでなく、企業の競争力向上にもつながります。女性が活躍し、多様な人材が活躍することで、企業が持続的な成長を遂げる

11.男性におけるワークライフバランス

男性におけるワークライフバランス

ワークライフバランスは女性だけのものではありません。男性のニーズも高まっており、家庭内における育児や家事の考え方も大きく変わってきております。

自身のスタンスを明確にする上でも、転職理由を語る上でも知っておいた方がいい知識であるため、少し整理しておきます。

11-1.男性におけるワークライフバランス

男性におけるワークライフバランスについて、最近の傾向は以下の通りです。

①ワークライフバランスの重視が高まっている
近年、男性の中でも、ワークライフバランスを重視する傾向が高まっています。特に、子育て世代の男性は、家庭と仕事を両立することが求められるため、ワークライフバランスの取り方に関心を持つようになっています。

②在宅勤務の導入が進んでいる
新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務の導入が進んでいます。在宅勤務が導入されることで、仕事とプライベートの時間を柔軟に使い分けることができ、ワークライフバランスを取りやすくなりました。

③育児・介護休業取得率が上昇している
育児・介護休業を取得することで、ワークライフバランスを取ることができます。最近では、男性の育児・介護休業取得率が上昇しており、男性でも積極的に休暇を取得して、家庭と仕事の両立を図る傾向があります。

今後、男性のワークライフバランスについては、以下のような変化が予想されます。

①育児休業の取得が一般的になる
現在では、育児休業を取得する男性も増えていますが、今後は、より一般的なものになると予想されています。政府が育児休業を取得しやすい環境づくりに取り組んでいることもあり、男性でも積極的に育児休業を取得するようになるでしょう。

②時短勤務やフレックスタイム制度が普及する
今後は、時短勤務やフレックスタイム制度が、より一般的に普及すると予想されています。これにより、男性でも、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができるようになり、ワークライフバランスを取りやすくなるでしょう。

③キャリアアップとワークライフバランスの両立が求められる
今後は、キャリアアップとワークライフバランスの両立が求められるようになると予想されます。男性も女性と同様に、キャリアアップを目指しながらも、家庭との両立を図ることが求められるため、ワークライフバランスを重視する企業や職場が増えることが予想されます。

④ワークシェアリングの導入が進む
ワークシェアリングとは、1つのポジションを複数人でシェアする働き方のことで、これにより、より柔軟な働き方を実現できます。今後は、ワークシェアリングの導入が進み、男性でも、フルタイムで働かずに、より柔軟な働き方を選ぶことができるようになるでしょう。

以上のように、今後は男性も、ワークライフバランスを重視する傾向が高まるとともに、育児休業やフレックスタイム制度、ワークシェアリングなど、より柔軟な働き方が求められるようになると予想されます。企業や職場も、ワークライフバランスを重視し、男性が家庭と仕事を両立しやすい環境づくりを進めることが重要となります。

11-2.男性の育児参加について

男性の育児参加については、近年、注目されているトピックの一つです。具体的には、以下のような背景があります。

①男性の育児参加が求められる社会状況が変化している

近年、男性の育児参加が求められる社会状況が変化しています。女性が社会進出する一方で、男性も家庭と仕事を両立しなければならない状況になってきています。また、育児休業や育児参加に対する法律の改正も進んでおり、男性の育児参加が奨励される環境が整ってきています。

②男性の育児参加が、子供の健全な成長につながる

研究によれば、男性が育児に参加することで、子供の健全な成長につながると言われています。例えば、父親が子供と過ごす時間が増えることで、子供の社会性やコミュニケーション能力が高まるという研究結果もあります。

③男性の育児参加が家庭内の役割分担を促進する

男性が育児に参加することで、家庭内の役割分担が促進されると言われています。例えば、育児や家事を共に行うことで、夫婦のコミュニケーションが深まり、家庭内のストレスや不満を解消することができます。

以上のように、男性の育児参加は、社会状況の変化や子供の健全な成長、家庭内の役割分担を促進するなど、様々なメリットがあります。また、男性の育児参加を奨励するために、育児休業の取得やフレックスタイム制度の導入、保育所や企業内保育所の整備など、様々な取り組みが行われています。今後も、男性の育児参加が進むことで、より健全な家庭環境や社会を実現するための取り組みが進むことが期待されます。

11-3.男性の育児参加・家事参加におけるスタンス

男性が育児参加において、どのようなスタンスに変化しなければならないか、どのような行動をとるべきかについては、以下のようなことが挙げられます。

①「家事や育児は女性の役割」というスタンスを変える

従来、家事や育児は女性の役割とされてきましたが、男性も育児や家事をすることが必要不可欠になっています。そのため、男性は「家事や育児は女性の役割」というスタンスを変え、積極的に育児や家事に関わることが求められます。

②休暇や育児休業を取得することを検討する

男性が育児に参加するためには、仕事とのバランスを取ることが必要です。そのため、休暇や育児休業を取得することを検討することが重要です。また、仕事の中で、フレックスタイム制度やテレワーク制度など、柔軟な働き方を選択することもできます。

③子育てに関する知識やスキルを身につける

子育てに関する知識やスキルを身につけることも重要です。例えば、育児書や育児教室などを利用し、子育てに関する情報を収集することができます。

④家庭内の役割分担を考える

家庭内の役割分担を考えることも重要です。例えば、男性が育児や家事に参加することで、妻が仕事に専念できるようになることもあります。家庭内の役割分担を話し合い、共に負担を分担することが求められます。

以上のように、男性が育児に参加するためには、従来の家庭内のスタンスを変えることや、休暇や育児休業の取得、子育てに関する知識やスキルの身につけ方、家庭内の役割分担を考えることなどが求められます。これらの取り組みを進めることで、より健全な家庭環境や社会を実現することができるでしょう。

11-4.男性の家事分担と育児参加の成功パターンと失敗パターン

男性が家事分担や育児参加をする際の成功パターンや失敗パターンについては、以下のようなことが挙げられます。

【成功パターン】

  1. パートナーと話し合い、家事や育児の役割分担を明確にすることが大切です。役割分担が明確になることで、ストレスやミスなどのトラブルを防止することができます。
  2. 仕事と家庭のバランスをとることが求められます。仕事と家庭を両立するためには、仕事のスケジュールや育児時間、家事時間などを考慮し、柔軟に対応することが必要です。
  3. 子育てに積極的に参加し、家庭内でのコミュニケーションを増やすことが大切です。例えば、家族での外出や、家庭での過ごし方を共有することで、家族の絆を深めることができます。

【失敗パターン】

  1. 家事や育児の分担が不明確なままで進めてしまうことがあります。家族の誰が何をするのかが明確でない場合、ストレスやトラブルが発生する可能性が高まります。
  2. 仕事と家庭のバランスを取れない場合があります。仕事に時間を費やしすぎて家庭を犠牲にすると、パートナーや子供とのコミュニケーションが減り、家庭内の不和やストレスが増えることがあります。
  3. 子育てに積極的に参加しない場合があります。子供の世話や育児を母親に任せっきりにしてしまうと、パートナーとのコミュニケーションが減り、家庭内の不和やストレスが増えることがあります。

以上のように、男性が家事分担や育児参加をする際には、パートナーとのコミュニケーション、仕事と家庭のバランス、子育てへの積極的な参加などが大切です。失敗パターンを避け、成功パターンを目指すことで、より健全な家庭環境や社会を実現することができます。

12.ワークライフバランスを転職理由とした転職でのよくある質問

ワークライフバランスを転職理由とした転職でのよくある質問

Q.ワークライフバランスを重視する企業と、そうでない企業の違いは何ですか?

ワークライフバランスを重視する企業では、勤務時間の調整や有給休暇の積極的な取得など、社員が仕事とプライベートを両立できるような環境を整備しています。一方、そうでない企業では、残業時間が長く、有給休暇の取得が難しいという場合があります。

Q.ワークライフバランスを重視する企業は、どのような業界・業種に多いですか?

ワークライフバランスを重視する企業は、ITや広告、コンサルティング、人材サービスなどの業種が多い傾向があります。ただし、近年では、さまざまな業種でワークライフバランスを重視する取り組みが行われています。

Q.転職先でのワークライフバランスについて、求人情報だけではわからない部分がありますか?

求人情報だけでは、実際の職場でのワークライフバランスがどのようなものかはわからない場合があります。そのため、面接でしっかりと聞き取りや確認を行うことが大切です。

Q.ワークライフバランスを重視する企業において、残業はどうなっていますか?

ワークライフバランスを重視する企業でも、仕事の都合上、残業が必要になる場合があります。しかし、長時間労働を是としない企業が多く、残業時間の上限を設定していることが多いです。

Q.ワークライフバランスを重視する企業において、休日出勤はどうなっていますか?

ワークライフバランスを重視する企業でも、仕事の都合上、休日出勤が必要になる場合があります。しかし、社員の負担を減らすために、代休の取得を推奨している企業もあります。

Q.ワークライフバランスを重視する企業で働くことで、プライベートの時間が確保できるのはどの程度ですか?

ワークライフバランスを重視する企業でも、業務の都合上、プライベートの時間を確保できない場合があります。しかし、そのような場合でも、勤務時間の調整や有給休暇の取得など、柔軟な対応を行うことで、プライベートの時間を確保できるような環境を整備しています。

Q.ワークライフバランスを重視する企業で働くためには、どのようなスキルが必要ですか?

ワークライフバランスを重視する企業で働くためには、コミュニケーション能力や自己管理能力、柔軟な発想力などが必要です。また、プライベートと仕事を両立するためには、効率的な時間管理ができることも重要です。

Q.ワークライフバランスを重視する企業で働くことで、キャリアアップはできますか?

ワークライフバランスを重視する企業であっても、仕事に真摯に取り組んでいればキャリアアップが可能です。実際に、ワークライフバランスを重視する企業でも、チャレンジ精神や成果に対する評価、新しいアイデアを取り入れることができる環境など、キャリアアップにつながる要素があります。

Q.ワークライフバランスを重視する企業で働くことで、給与はどの程度ですか?

ワークライフバランスを重視する企業でも、業績に応じた適正な報酬が支払われることが一般的です。ただし、ワークライフバランスを重視するために、残業や休日出勤を制限している企業もあるため、その分、給与水準は他の企業に比べてやや低めに設定されている場合があります。

Q.ワークライフバランスを重視する企業で働くために、どのような志向性が求められますか?

ワークライフバランスを重視する企業では、社員一様な働き方に共感する志向性が求められます。自分自身のライフスタイルを大切にし、家庭と仕事の両立を図ることに積極的に取り組める人や、仕事に熱心に取り組みながらも自分の時間を確保することができる人が求められます。

ワークライフバランスを重視する企業で働くためには、自分自身の健康やプライベートの時間を大切にし、自己管理能力を高めることも必要です。また、柔軟な考え方やチームプレイ精神も重要です。新しいアイデアを出し合い、協力して課題を解決することが求められます。

Q.ワークライフバランスを重視する企業で働くために、どのような選考基準があるのでしょうか?

ワークライフバランスを重視する企業での選考基準は、一般的な企業と同様に、応募者の志向性やスキル、経験などが重視されます。また、人柄やコミュニケーション能力など、職場でのチームワークに適した人材であることも重要なポイントです。

13.ワークライフバランスを大切に仕事をしようとしている人を応援する名言

13-1.応援名言1:僕たちは皆毎年毎年違う人間なんだ…

僕たちは皆、毎年毎年違う人間なんだ。一生を通じて同じ人間なんてことはない。 

スティーブン・スピルバーグ(米国の映画監督、映画プロデューサー)

人は常に変わっていき、やりたい事や考え方も変わります。

仕事をバリバリ頑張ろうと思うこともあれば、時には自分の時間を大切にしたいと思うこともあるはずです。

自分の気持ちに耳を傾けて、自分の時間を大切にしましょう。

13-2.応援名言2:時間って命の一部なんですよ

時間って命の一部なんですよ

平尾誠二(ラグビー選手)

「人はいつか死ぬ」と頭ではわかっていても、この時間が無限に続いていくような錯覚に陥ってしまうものです。

しかし、時間は命と同じ。ただ消耗していくのと、自分の時間を大切にするならどちらがいいでしょうか。

改めて時間の大切さを痛感させられる名言です。

13-3.応援名言3:流れ去った時間は二度とかえってこないんだ

流れ去った時間は二度とかえってこないんだ

ドラえもん(マンガ『ドラえもん』主人公)

時間は巻き戻せないなど当たり前のことですが、人はそれを忘れて生きています。

今この瞬間はもう戻ってきません。

仕事が忙しく自分のことを考える時間は少ないかもしれませんが、後悔しないよう時間を大切にしましょう。

\ 求人数No1!まずは登録しておこう /

リクルートエージェント

15.自分に合ったワークライフをチョイスしよう

ワークライフバランスを理由に転職するのは悪いことではありません。

伝え方のポイントを押さえれば、ポジティブな転職理由として捉えられます。

仕事とプライベートのバランスを上手く調整することで、仕事の効率化ができることをアピールしましょう。

ワークライフバランスを実現したい方は、ぜひこの記事を参考にしてあなたに合った転職先を見つけてくださいね。

【編集部イチオシ!

まずはこの3つに登録してみよう!

↓↓↓

1.リクルートエージェント:求人数国内最大級!

2.doda転職エージェント:利用者満足度No1!

3.パソナキャリア:女性の転職支援に強い!

16.【関連】ワークライフバランスで転職しようとしている人におすすめの情報

さらに詳しい転職情報やアドバイスが欲しい人のために、当サイトの厳選した転職に役立つ記事をまとめてご紹介します。

これらの記事を参考に、転職活動をスムーズに進め、「自分らしいキャリア」をぜひ実現してください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすすめ転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor