転職活動で情報が多すぎて悩む時に見たい名言20選

「転職活動を始めたけれど、情報が多すぎて整理が追いつかない……」と悩んでいませんか?
求人サイトにはたくさんの情報が溢れ、どのように整理していいか分からないという人も多いでしょう。
転職活動を上手に進めるためには、たくさんの情報から自分に必要な情報を取捨選択していくことが大切です。

この記事では、転職活動における効率の良い情報収集の方法や、情報が多すぎたときの対処法を、20個の名言とともに解説します。
転職活動で情報の集め方に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

転職活動で情報が多すぎて悩んでいるときに見たい名言20選

1.「世間が必要としているものとあなたの才能が交わっているところに天職がある。」

(アリストテレス)

どのような仕事を選べば良いのか分からなくなったときは、社会貢献度が高く、自分のスキルを活かせるものを基準に情報を集めてみましょう。

いくら自分のやりたい仕事であっても、社会的な需要がなければ仕事として成立しません。

世間に求められているもので、自分の得意分野を活かせる仕事こそが天職となるのです。

2.「よりよい成果が得られるのは、自分が一番好きな仕事をしているときだろう。だから人生の目標には、自分が好きなことを選ぶべきなんだ。」

(アンドリュー・カーネギー)

転職活動でたくさんの情報を目にすると、選ぶ基準を見失ってしまうこともあるでしょう。

仕事において最も良いパフォーマンスを発揮できるのは、好きな仕事をしているときです。

情報が多すぎて混乱してしまったときは、初心にかえって自分の好きな仕事は何か振り返ってみることをおすすめします。

3.「常に一歩前進することを心がけよ。停止は退歩を意味する。」
(野村徳七)

自分に必要な情報は何なのか分からずに悩んだ結果、転職活動を先延ばしにしていませんか。

立ち止まっている状態では、変化が続く世の中に置いて行かれる一方です。

毎日少しずつでも良いので、勇気を出して一歩前に進む努力を続けましょう。

4.「何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている」
(羽生善治)

転職活動をしている人全員が常に高いモチベーションで行動できるとは限りません。

成功するか分からない転職活動を常に意識高く続けていくのは、相当な気力と体力が必要です。

このような努力を継続できる人こそが転職活動を成功させることができるのです。

5.「待っている人間に与えられるのは、努力した人間の残り物だけである。」
(エイブラハム・リンカーン)

転職活動を成功させることができるのは、勇気を出して努力を重ねた人のみです。

そのうち何とかなるだろうと行動を起こさずにいる人には、望んだ結果はついてきません。

自分の理想のキャリアをかなえるためにも、試行錯誤を繰り返して前進しましょう。

6.「多くの選択肢から「この一手」を選べるのは自分しかいないわけです。」
(羽生善治)

たくさんの情報を目の当たりにすると、考えが混乱して優柔不断になってしまうこともあるでしょう。

決断できるのは、ほかの誰でもない自分自身のみです。

まずは情報を整理して、自分に必要な情報を選んでいくところから始めましょう。

7.「自分自身が何をしたいか、それを忘れてはいけません。」
(イチロー)

転職活動では、軸を決めておくことが大切です。

自分が仕事に対してどのような価値観をもっており、何をしたいのか。

どんな状況でもぶれることのない意志を明確にしておきましょう。

8.「転職とは一世一代の重大な決断であることはいうまでもない。「何のために働くのか」という社会的意義のある仕事を、まずは選択することである。」
(早川 勝)

人生の分岐点であり大切なステップである転職。

自分のやりたいことをかなえる手段であるからこそ、何のために働くのかを忘れてはいけません。

社会に貢献できるような仕事であれば、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。

9.「私はこれがしたい、これができるとはっきり言う。会社を選ぶのではなく、好きな仕事を選ぶ。他人の視線や他人の価値観ではなく、自分の視点で人生を見つめる。そういう人は強いでしょう。」
(木村剛)

世間体や企業のブランド力だけで会社選びをしていませんか。

転職するうえで大切なのは、その仕事を好きかどうかということです。

自分のやりたいことや活かせる能力を堂々と言えるようにしておくことが、転職を成功させるポイントです。

10.「どこに勤めるかじゃない。自分は何がやりたいか、何ができるのか、それがすべての時代になるんだよ。」
(堀紘一)

転職活動で情報収集をするときに、企業の名前や規模だけにこだわっていると、自分に合っている仕事が見つからなくなりがちです。

まずは自己分析をしっかりして、自分のできること、やりたいことを明確にしてから情報収集を行いましょう。

11.「とにかく能動的に動くこと、周りに流されないこと、そしてリスクを見極めることです。銀行を辞めるとき、「大企業を辞めたら地獄に落ちる」と言われました。でも、そんなことはなかった。本当に潜むリスクを、しっかりと見つめるべき時代がきていると思います。」
(三木谷浩史)

転職活動では、自分の意志を強く持って行動することが大切です。

情報収集をするうえでは、ここに転職することで得られるメリットとリスクをしっかり見極めましょう。

会社の規模やブランドだけでは計れないリスクが潜んでいることもあります。

周りの意見に流されることなく、自分の目で確かめる力が必要です。

12.「大事なのは環境。自分の能力以上を求められる環境でなければ、成長は難しいんです。」
(柳井正)

自分に合った企業か判断するときは、自分の能力を活かせるだけでなくそれ以上のものを求められる環境かどうかもポイントです。

自分の成長のためには、持っているスキルを活かしてさらに上のレベルに挑戦できる環境が大切になります。

13.「悩んだり迷ったりしていても前には進めません。走り出せば、必ず何かを得ることができるんです。」
(和田秀樹)

転職活動で集めた情報が多すぎて整理できずにいると、どれが自分に必要なのか迷ってしまうこともあるでしょう。

迷っているだけでは何も始まりません。

まず選考を受けてみる、ピンとこなければ次の情報と向き合うなど、行動を起こしてみることが大切です。

14.「いちばん大切なことは、自分が好きな分野で、好きなことをやることです。私はいろんな人を見てきましたが、成功している人というのは、好きなことをやっている人なんです。好きなことをやっている人というのは、かなりの確率で成功している。」
(中村修二)

転職活動を成功させる確率を上げるポイントは、自分の好きな仕事を選ぶことです。

いくら自分のスキルを活かせるような仕事であっても、やりたくない内容ではモチベーションが上がらず成長もできません。

自分をレベルアップさせるためにも、好きな仕事を選ぶということを忘れないようにしましょう。

15.「開き直って、自分勝手に思いをめぐらせたとき、人生の新しい台本が差し出されるんです。」
(古舘伊知郎)

情報が多すぎて混乱したときは、思い切って利己的に考えてみるのも良いでしょう。

他人の目や世間体を気にせず自分のやりたいことだけに絞って考えてみると、思いのほか良い選択ができる可能性があります。

ときには自分を一番優先して考えることも大切です。

16.「ふつふつとわいてくる素直な感情や直感、自分の心の声を聞き逃さないことです」
(横山秀夫)

転職活動をしていると、様々な情報が入ってきて自分の気持ちが分からなくなることがあります。

やりたいこととできることの区別がつかなくなって、優先順位がごちゃごちゃになることも。

悩んだときこそ自分の素直な意見に耳を傾けましょう。

自分の軸を再確認して、心の整理をすることができます。

17.「間違っても、社会や他人の評価、合理性や効率性など、客観的な側面だけで考えてはいけない。自分はどうかという主観的な考えがとても大切です。客観と主観を両方合わせて考える。そうすると、楽しく早く年を取れます。」
(邱永漢)

自分に合っている仕事を考えるときは、自分がやりたいと思うかを最優先することが大切です。

自分の感情を無視して客観的な意見や評価を優先すると、転職しても後悔することになりかねません。

やりがいのある仕事で人生を充実させるためにも、自分の意見を大切にしましょう。

18.「企業というのは自己表現の場であり、自己実現の場であったほうがいい。躊躇せずに、好きなこと探しを続けるべきです。そもそも人生は1回しかない。あまり我慢はしないほうがいいと思う。好きなものを見つけるために、出会うために、どんどん新しい挑戦をしてほしいと僕は思うんです。」
(田原総一朗)

転職活動で情報を集めているうちに、やりたいことよりもできることを優先した方が良いのではないかという考えになる人もいるでしょう。

情報が溢れて整理できなくなると、面倒くさいと思うようになって妥協しそうになることも

ありますよね。

しかし、我慢して転職しても後悔に繋がってしまいます。

人生は一度きりなので、わざわざ労力を使って転職活動をするのであれば好きなものを見つけるまで挑戦してみましょう。

19.「ただ、若い人に対しては、うらやましいの一語に尽きますね。チャンスと道具が、私たちのときよりも、はるかにたくさんありますから。情報はすぐに手に入る。仲間だってすぐにできる。チャンスだと思える人には、とてもいい時代です。」
(堤幸彦)

近年はインターネットが普及しているので、求人票以外にも口コミやSNS、転職エージェントなど様々な媒体からリサーチが可能です。

転職活動では労働の条件だけでなく企業の雰囲気や実際に勤務している人の意見をチェックすることが大切です。

情報が多いことを味方にしてしまえば、転職活動にも有利になるのです。

20.「もし今の時点で迷ったり悩んだりしているのなら、何が欲しいのかではなく、何を捨てられるのかを考えてみるといいと思います。捨てられるものの順番をじっくり考えるんです。何を捨てられるかは、実は幸福感の基準だったりするからです。」
(糸井重里)

転職活動で得た情報を整理したいときは、必要な情報を残すのではなく不要な情報を切り捨てる意識をしてみましょう。

不要だと感じたものは自分の人生において優先順位の低い内容である証拠です。

欲しいものを残すよりも、いらないものを捨てるほうが自分のやりたいことを明確にしやすくなります。

転職活動で情報が多すぎる時の対処のコツ

転職活動をしていて情報が整理できないときは、しっかり自己分析ができているか振り返ってみましょう。

自己分析をおろそかにしたまま求人を探し始めると、自分に合っている仕事を見つけられない可能性があります。

例えば、「仕事よりもプライベートを大切にしたい」という価値観があるのにも関わらず、残業の多い業界の求人ばかり見ていては、いつまでも自分に合っている情報を見つけられません。

効率よく情報収集を行うためにも、事前に自己分析をしておきましょう。

また、転職軸を決めて、自分は何のために転職をするのかを明確にすることも大切です。

自分がどういう価値観を持っていて、何を大切にしているかを事前に把握しておくことで、必要な情報を選定できるようになります。

転職エージェントに情報整理を手伝ってもらおう

転職エージェントに情報整理を手伝ってもらおう

転職に関する情報が整理できずに困ったときは、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

担当のキャリアアドバイザーに情報が多くて困っていることを相談すれば、一緒に整理してもらえるでしょう。

また、自己分析のやり方や情報収集のポイントについてもレクチャーを受けられるので、今後の転職活動を効率よく進められるようになります。

「情報が多すぎて転職活動が思うように進まない……」と悩んでいる人は、ぜひ一度転職エージェントを活用することをおすすめします。

キャリアアドバイザーとの相性もあるため、転職エージェントは複数登録して比較してみましょう。

まとめ

転職活動で情報が多すぎて悩んだときは、自己分析と転職軸の決定に力を入れましょう。

自分の価値観や転職する理由を明確にしておくことで、転職活動で自分に必要な情報を取捨選択できるようになります。

「情報が溢れてしまい、どうしようもなくなってしまった」という人は、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

自分に必要な情報をキャリアアドバイザーと一緒に整理すれば、転職活動をスムーズに進めることができます。

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor