転職先はブラック企業ばっかり?ブラック企業の見極め方まとめ

これまで何度か転職を経験する中で、「ブラック企業の確率が高かった…」という方も多いのではないでしょうか。転職活動の段階でブラック企業かどうかを見極めるのは難しいですよね。

本記事では、ブラック企業を見極めるポイントやブラック企業に就職してしまった場合の対処法を解説しています。ブラック企業に転職したくない方は、ぜひ参考にしてください。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

ブラック企業とは

ブラック企業とは

そもそもブラック企業とはどのような企業でしょうか。

一般的にブラック企業と言われる企業は下記のいずれかの条件を満たしています。

・残業が月80時間以上ある

・休日出勤が多い

・仕事の持ち帰りが多い

・給料が少ない

・現実的でないノルマを課せられる

・年間休日が104日以下

・設備が古い

上記のように長時間労働やコンプライアンスが低い会社が、ブラック企業として定められています。

ブラック企業が多い業界

ブラック企業が多い業界

企業には様々な業界がありますが、中にはブラック企業になりやすい業界も存在します。

例えば金融業界やカスタマーサクセス、Webライターなど、特別なスキルや資格がいらない業界は低賃金になりがちと言われています。

ブラック企業が多い理由

ブラック企業が多い理由

ブラック企業が多い理由は、利益を優先している会社が多いからです。例えば、「みなし残業」を取り入れている会社は残業の上限時間が設定されていないため、結果的に低賃金で働くことになります。このように人件費を削減すればするほど、会社の利益は増えるのです。

ブラック企業を見極めるポイント6選

ブラック企業を見極めるポイント6選

基本的に一般公開されている求人の中には、ブラック企業の求人も含まれている可能性があります。ホワイト企業は確かなスキルを持った人を雇うためにヘッドハンティングや非公開で求人を募集する傾向があるため、一般公開されている求人の方の方がブラック企業の求人が含まれているケースが相対的に多いと考えられます。そのため、以下のポイントに注意して企業を見極める必要があります。

1.福利厚生の充実度をチェックする

福利厚生が充実している企業はホワイト企業の可能性が高いと言えます。なぜなら、給与以外にも受けられる手当やサービスが手厚いということは、従業員を大切にしているということだからです。福利厚生は求人にも記載があるため、通勤手当やスキルアップ制度の有無を確認しましょう。また、公式の団体から認定を受けている企業はホワイト企業である傾向にあると言えます。認定を受けている場合は企業HPにも記載があるため、必ずチェックしておきましょう。

2.見学をして実際の雰囲気をチェックする

社内見学では、風通しのよさや上司と部下の関係性を確認することが重要です。社内で怒鳴っている従業員がいたり、ギスギスした雰囲気を感じたりと、良くない印象を持ってしまった場合は、選考を辞退することも視野に入れましょう。内定を頂いたら実際に働くことになる可能性があるため、違和感を感じた場合は懸念点をクリアにしてから転職を決めることをおすすめします。

3.結婚・育児している人が多いかチェックする

結婚・育児しながら働いている人が多いほど、仕事とプライベートを両立して働ける職場である可能性が高いです。ブラック企業は、プライベートが確保できず仕方なく退職してしまう人もいます。また、求人に「育休・産休制度有」と記載があっても、実際に取得した人の実績が少ない企業も少なくありません。そのため、結婚や育児をしながら働いている人がどれくらいいるのか確認しましょう。

4.どの世代が多いかチェックする

20代などの若い世代が多い会社は離職率が高い傾向にあります。ホワイト企業は長く働けるため一度入社したら辞める人が少ないでしょう。また、若い世代だけでなくシニア世代も多い企業であれば、キャリアアップが見込めるため活躍できる仕事の幅が広がる可能性があります。中にはスタートアップ企業として若い人材のみで立ち上げられた企業もあるため一概には言えませんが、どの世代もまんべんなく働いている企業を選ぶと安心できるでしょう。

5.離職率をチェックする

離職率が高いということは、従業員が長く働ける環境が整っていない可能性が高いです。離職率が高い原因には、長時間労働を強いられたり、ハラスメントがあったりと、心身ともに疲労が溜まるという特徴があります。中には若い人材を使い捨てのように扱っている会社もあるため、離職率は必ずチェックしておきましょう。離職率は企業HPに記載がある場合もありますが、あえて記載していない企業もあります。その場合は以下の計算式で求められますので、参考にしてください。

離職率=離職者数÷雇用者数 (従業員数)×100

6.求人の口コミサイトを見る

一般公開されている求人には表向きの情報しか書かれておらず、実情を把握しきれません。そこで、求人の口コミサイトを利用するのがおすすめです。実際に企業で働いている従業員の評判から、企業のリアルな働き方を確認できます。中には収入面や退職理由、社風を赤裸々に記載している口コミもあり、ブラック企業か見分ける際には非常に有用です。

ブラック企業に就職してしまった場合の対処法

ブラック企業に就職してしまった場合の対処法

ブラック企業に入社してしまった場合はいくつかの対処法があります。

1つ目は、人事や上司に相談し社内で対応してもらう方法です。もし社内で対応してもらえなければ、行政機関に申告するという方法もあります。

しかし、申告をしても改善しないケースが多いのが現実です。

そういった場合、2つ目の対処法として再度転職を選択する人も多いです。

ブラック企業に問題があるのが事実ですが、実際に対応をしてもらうには膨大な時間とエネルギーがかかります。そのため、余計な手間をかけずにすぐに転職したほうが良い場合があります。そのような選択肢があるということをしっかり念頭においた上で、対処法を考え行動を起こしていきましょう。

ブラック企業を卒業したい人向けの名言3選

ブラック企業を卒業したい人向けの名言3選

時間は限られているのだから、 他人の人生を生きて自分の時間を無駄に過ごしてはいけない。

(スティーブ・ジョブス)

人生には限りがあるため、何に重きを置くかを十分考える必要があります。もしもブラック企業で長時間働いている方は、その時間で趣味に没頭したり、大切な人に感謝を伝えたり、他に大切なことに時間が使えるかもしれません。働く時間が無駄になるとは言いませんが、大事なものを見失わずに働ける環境に身を置くのも一つの選択肢だと覚えておきましょう。

薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果があるはず。

(アンネ・フランク )

ブラック企業で自分をごまかしながら働いていませんか?自分に喝を入れて一時的に頑張るのではなく、心から笑える環境に身を置いて仕事をすると、人生がもっと楽しくなるかもしれません。

精神的なスランプからは、なかなか抜け出すことができない。 根本的な原因は、食事や睡眠のような基本的なことにあるのに、 それ以外のところから原因を探してしまうからだ。

(落合博満)

精神的なスランプの原因は、全て基本的な生活を送るところにあります。しかし仕事で忙しいと基本的なところに目を向ける時間がないため、どうしても別なところに原因を探してしまいます。ストレスの少ない生活を送りたいのであれば、根本を改善できるように環境を変える必要があります。

まとめ

まとめ

ここまで、ブラック企業を見極めるポイントやブラック企業に就職してしまった場合の対処法を解説してきました。

ブラック企業かどうか見極めるポイントは様々ありますが、しっかり確認すればホワイト企業に転職できる可能性が高くなります。この記事を読んで、よりよい転職活動にしてください。

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor