転職で後悔する4つのポイントと失敗しない事前準備4選を解説!

勤めている会社に不満があったり、キャリアアップのために転職することは覚悟が必要です。
例えば、「憧れの職場で働きたい」「より良い環境に身を置きたい」など、実際に転職することで自分の理想を実現することができるかもしれません。
しかし、残念ながら、「こんなはずではなかった」「前の職場の方が良かった」と後悔するケースがあるのも事実です。
今回は、転職を後悔しないために、後悔するポイントや後悔しないための事前準備などを解説します。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

転職を後悔する4つの理由

転職を後悔する4つの理由

念願叶って転職をしても、入社後「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔してしまうことも少なくありません。転職を後悔してしまう理由として大きく4つに分けられ、仕事内容の相違、待遇の相違、職場環境の相違、企業文化の相違が挙げられます。詳細について解説していきます。

①仕事内容が違った

転職を後悔する理由で多いのが、「思っていた仕事内容と違った」というものです。応募時や面接時に仕事内容は確認したにも関わらず、実際に入社してみると聞いていた内容と異なっていた…ということもあるでしょう。

もしやりたい仕事が明確で、その仕事に挑戦できると考え転職していた場合は、イメージと異なる仕事であれば「なぜもっとしっかり調べずに転職してしまったのだろう…」と後悔に繋がってしまうかもしれません。

②給与・福利厚生など待遇が違った

こちらも転職後に後悔する理由で多い内容であり、「残業はないと聞いていたのに実際はサービス残業が横行していた」「産休育休制度が充実と求人票にはあったのに、取得者が一人もいなかった」「昇給が年に数百円のみ」など、採用選考時には聞きにくい質問だからこそ確認が疎かになり、入社後に知ることもあると思います。

ワークライフバランスや労働条件を重視している方には特に、ストレスに繋がりやすくなってしまいます。

③職場環境が違った

入社してみないとわからないのが職場環境。内定時に職場見学ができる企業もありますが稀であり、多くは入社後に働くフロアや職場環境を見ることになります。

面接時には聞いていなかった朝礼時の社訓斉唱があったり、当番制でトイレ掃除がある、喫煙者なのに社内に喫煙所がなく遠い場所に行かなければならない等、入社後に知ることで転職後の前向きな気持ちが落ち込んでしまうことがあります。

④企業文化が合わなかった

企業文化・社風も転職を後悔する大きな理由の一つです。

これまでは和気あいあいとした環境で働いていたが、転職先では黙々と業務をこなし、社員同士の繋がりが希薄である…こんな場合に違和感を感じたり、会社の飲み会には参加必須で必ず上司へのお酌が必要…など、これまで働いていた企業の文化と大きく異なったり、自分自身の性格や志向と異なる社風の場合に息苦しさを感じてしまう可能性があります。

転職を後悔しない4つの準備

転職を後悔しない4つの準備

ここまでは転職におけるよくある後悔についてお伝えしましたが、人生においてそう多くない転職のタイミングで失敗は是が非でも避けたいものです。

転職して生き生きと働いている人や後悔しない人は一体何をどんな風に準備しているのでしょうか。ここからは、転職を後悔しないためにはどのような準備をしておけば良いのか?について解説します。

①自分の能力を分析する

まず、自分自身には何ができるのか(CAN)を洗い出しましょう。

「これと言ってない…」と悲観的になる必要はありません。業務の棚卸しを行い、日々行っている業務をどんな小さなことでも良いので書き出しましょう。

その際、参考にすると良いのは自分の周りにいる人間との比較です。周りと比べて得意な業務があれば、それもスキルとしてアピールできます。職務経歴書などに書く際は、「伝票処理(月100件)」など具体的な数値とともに記載するとベターです。

②口コミ・求人サイト・SNSなどで情報収集する

求人サイトにある求人票には、実際に任せたい仕事や企業が求めているスキルが書かれています。

あなたにできる・経験のある業務があれば、それは転職市場において求められているスキルということです。

また、口コミサイトやSNSもリアルな意見があるため見てみてもよいでしょう。ただし、口コミサイトは転職検討中の在籍者が記載している内容になるため、基本的にはマイナスな意見が多いです。あくまで参考程度に見てみましょう。

③求人票・労働条件通知書を確認する

求人票のみを見て労働条件通知書を見ずに入社してしまうと、求人票に記載されていた内容と実際の条件が異なった、ということにも繋がりかねません。

必ず労働条件通知書にも目を通し、求人票と相違がないか確かめましょう。相違がある場合は申告し、正しく修正された内容に納得したうえで入社の判断を行うことが重要です。

企業によっては労働条件通知書を出さない企業もありますが、エビデンスとして必ず書面でもらうようにしましょう。

④転職先の条件に優先順位をつける

転職先を見つけるうえで、自分の希望を全て叶えることは難しいかもしれません。

先述した「仕事内容」「待遇」「職場環境」「企業文化」などの軸で優先順位をつけ、譲れるポイント・譲れないポイントを決めておくことが重要です。

各項目を〇・△・×などで分けるのも良いと思います。優先順位をつけることで応募する求人も選定しやすくなり、転職して叶えたいこととして面接の場でも話しやすくなるでしょう。

転職を後悔したときの3つの方法

転職を後悔したときの3つの方法

いろいろと事前準備を行い転職をしたとしても、実際に入社してみないとわからない部分もあるでしょう。

入社後、「こんなつもりではなかったのに…」というように転職を後悔してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。感情的に「辞める!」と決めてしまう前にまずはどのポイントで後悔しているのか考え、対策しましょう。

①仕事内容に不満がある場合

先述した「思っていた仕事内容と違った」場合、まずは自分はどのような業務を思い描いており、任された仕事は何が違うのかを冷静に考えましょう。

経験を積めばやりたい業務にチャレンジできるのか、上司や先輩に聞いてみても良いと思います。もちろん、「今の仕事じゃなくて〇〇がしたい」というような伝え方ではなく、「今の仕事もやりがいを感じているが、〇〇の業務にも挑戦してみたい」というように伝えると前向きで好印象です。

②待遇に不満がある場合

まずは労働条件通知書を確認しましょう。

労働条件通知書は、企業とあなたとの雇用に関する契約書です。労働条件通知書に記載の内容が応募時や面接時に聞いた内容と異なっていないか、記載内容と実態が異なっていないかを確認し、異なる場合は直ちに上司に申し出ましょう。

企業の規模感などによっては、実際の募集部署の担当者、面接官、人事とそれぞれ異なる場合もあり、正しく情報が伝わっていないことも考えられるため、しっかりと確認しておくことが重要です。

③職場環境に不満がある場合

ある程度は我慢をしなければならない部分もあるかと思いますが、まずは環境に慣れる、馴染むための努力をしましょう。

毎朝社訓を唱えることで頭がスッキリして業務により集中できるようになったな、など前向きに捉えることも良いですね。

それでも慣れない場合、ストレスを抱え続けながら働くことは退職を検討する理由にもなるため、あなたが感じた違和感を思い切って周囲に伝えてみたり、異動届を出してみるのもアリでしょう。

転職に後悔して立ち直れないときは転職エージェントを利用する

転職に後悔して立ち直れないときは転職エージェントを利用する

転職に後悔している場合、転職エージェントに頼るのも一つの手です。

転職エージェントは企業の様々な情報を持っており、自分ひとりで転職活動をしている限り得られないような情報を多く得ることができます。情報が多ければ多いほどあなたの希望とのミスマッチも防ぐことができ、後悔しない転職実現に役立つでしょう。

新しいことに挑戦したい時に見返したい3つの名言

新しいことに挑戦したい時に見返したい3つの名言

新しい挑戦や一歩踏み出す時には躊躇がつきもので、なかなか簡単なことではありません。ここでは、そんなあなたの背中を押してくれる名言を3つご紹介します。

挑戦したい時に見たい名言その1

“選択するということは優先度をつけることであり、エネルギーの分散を極力避けることである。”
利根川進(日本人初のノーベル医学生理学賞受賞)

転職を考える時、いろんな条件ややりたいことが出てくる方もいるでしょう。全てを叶えようとすると大きな労力がかかってしまいます。利根川進の言葉のように、優先順位をつけることで、転職において大事にしたいことが明確になっていくでしょう。

挑戦したい時に見たい名言その2

“夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。”
高橋歩(実業家)

次に紹介するのは、実業家である高橋歩の名言です。「挑戦してみたいことがあるけれど、今の生活を変えるのは怖いし…」と転職活動に踏み出せないままの人も多いのではないでしょうか。そんな方にシンプルに刺さる名言ですね。

挑戦したい時に見たい名言その3

“翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために”どんな障害も”乗り越えなさい。”
ココ・シャネル(フランスのデザイナー)

幼い頃に母と死別し苦労して育ったココ・シャネルはこのような言葉を残しています。

環境に憂うことなく前向きに挑戦し続けた彼女の姿は、世の中の人に多大なる影響を与えました。あなた自身も挑戦し続けることで、成長していくことでしょう。

まとめ

まとめ
人生の大きなターニングポイントにもなりうる転職において、できるだけ後悔はしたくないものです。

感情的にならず行動することを心がけ、後悔しないためにも、転職エージェントなどに相談し情報を多く得ておくこと、転職で叶えたい優先順位をつけておくこと、労働条件通知書などの書面は必ずしっかり目を通しておくこと等、できる事前準備をしっかりと行いましょう。

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor