転職は何歳まで?35歳が限界ではない|スキル・経験のニーズは高い!

転職を考えるとき、多くの人が気にするのが「年齢」です。

「転職は35歳までが限界」という意見で転職をあきらめる人も少なくありません。
しかし、人材不足の中で経験やスキルを持った35歳以上の中高年世代のニーズも高まっており、転職も十分可能となっています。

今回は、どうして35歳までが転職の限界と言われているのか、35歳以上の人が転職活動するポイントについて紹介します。
年齢で転職をあきらめる必要はありません。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

「転職は何歳まで大丈夫?」と年齢に焦っている時に見たい名言

「転職は何歳まで大丈夫?」と年齢に焦っている時に見たい名言

転職をしたいけれど自分の年齢で焦っている人に次の名言を送ります。

「人間、志を立てるのに遅すぎるということはない」

(スタンリー・ボールドウィン)

過去をやり直すことはできませんが、新しい目標を立てて何かに挑戦するのに遅すぎるということはありません。

何歳になっても自分の行動次第で人生を変えることができます。

【転職は何歳まで?】転職年齢に限界があるのか

【転職は何歳まで?】転職年齢に限界があるのか

「転職する年齢は35歳が限界だ」という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、年齢に関係なく転職は可能です。

そもそも求人票に年齢制限を記載するのは、雇用対策法上禁止されています。

35歳までが限界だと言われていたのはひと昔前の話であり、現代は売り手市場でミドル世代の転職も活発なので転職年齢にリミットはありません。

とはいえ、企業側は長期間勤務できる若い人材を採用したいと考えていることが多いのも事実。

同じ能力であれば年齢が若い方が採用されやすい傾向があるのです。

【転職は何歳まで?】転職が有利になる限界年齢とは

【転職は何歳まで?】転職が有利になる限界年齢とは

転職できる年齢に制限はありませんが、実際の採用では企業側で年齢を重視しているところもあります。

有利に転職できる年齢について詳しく解説します。

①若年層が有利なのか

基本的には若年層の転職の方が有利です。

年齢が若い方がより長く勤務してもらえるため、会社としてもプラスであると考えるためです。

とはいえ、若年層の転職であれば必ず有利になるというわけでもありません。

例えば、即戦力となる人材が欲しいと考えている企業では、前職での経験やスキルがほとんどない若年層の求職者は採用を見送る可能性が高いでしょう。

同じ能力の求職者であれば年齢が若い方が転職には有利ですが、求めている人材の条件や求職者のスキルによっては年齢が関係しないこともあります。

②28歳:限界年齢説

28歳は一度立ち止まって自分のキャリアを見直す年齢という意味合いで転職限界年齢だといわれています。

キャリア理論上、20代のうちは自分の可能性を模索し、30代で専門性やマネジメント力を高め、40代以降は安定的に働くというのが一般的な考えです。

28歳限界説は、28歳が転職の限界年齢というよりも、今のキャリアのままで良いのかを見直すタイミングが28歳という意味合いです。

28歳のタイミングは社会人としてある程度の経験を積んでおり、転職市場でもニーズが高いので一度キャリアを考え直してみましょう。

③32歳:限界年齢説

32歳は上司が年上になる限界の年齢だといわれています。

上司は年上、部下は年下という考え方が根付いている年功序列の会社では、年齢と地位が逆転することを避ける傾向があります。

年功序列を気にする企業への転職を検討しているときは、32歳という年齢をひとつの目安にする必要があるかもしれません。

とはいえ近年は年齢を気にせず実力で判断する会社も増えており、上司が年下ということも珍しくないのでそこまで気にする必要はないでしょう。

④35歳:限界年齢説

一番耳にすることが多いのが「35歳限界年齢説」ですが、これは先述の通りひと昔前の考え方であり現代には当てはまりません。

2006年~2007年頃、就職氷河期の世代の転職が盛んになっていた時期はミドル世代の需要が減り、35歳以上は転職できないといわれていました。

しかし今はミドル世代の即戦力としての転職も活発であるため、年齢を気にせず転職できる時代です。

キャリアアップを考えているのであれば、35歳という年齢のリミットを気にせず積極的に行動を起こしましょう。

⑤女性の限界年齢は男性より早いのか

女性の転職においても男性と同じように限界年齢はありません。

しかし、一般職に関しては30歳以下を目安に採用している企業が多く、それ以降の年齢は転職が難しくなるので注意が必要です。

総合職や専門職であっても、「結婚や出産、育児などのライフイベントで離職してしまうのではないか?」と、年齢を気にする企業もあります。

年齢が上がってからの転職では、自分のプライベートとキャリアを両立できる制度が整っている企業を選ぶことが大切です。

⑥公務員は経験者枠採用がある

一般企業から公務員への転職の場合は公務員試験の年齢制限に注意しましょう。

職種によって異なりますが、ほとんどの試験は20〜30代までとなっているので募集要項を予めチェックしておく必要があります。

もし年齢制限を超えていても、一定の条件を満たせば経験者枠採用で公務員に転職できます。

前職の経験やスキルを活かして転職できる可能性がありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

「成長に年齢は関係ない」ということがわかる名言

「成長に年齢は関係ない」ということがわかる名言

人が成長するのに年齢は関係ないことを教えてくれる名言を紹介します。

「年齢に関係なく、成長したい、うまくなりたい、強くなりたいと思う人には、絶対に伸びしろがある」

(藤田寛之)

前に進みたいという気持ちを強く抱いている人は何歳であろうと可能性があります。

明確な目的があって転職したいと考えているのであれば、きっと理想のキャリアアップが叶うはずです。

【転職は何歳まで?】35歳限界年齢説の理由

年々転職年齢は上がっており、ひと昔前の転職ブーム時の「35歳限界年齢説」は現代に当てはまらなくなっています。

とはいえ、年齢が若い方が転職しやすいのは事実です。

35歳が転職の限界年齢といわれる理由を解説します。

①35歳限界年齢説の背景

35歳限界年齢説の背景には、35歳以降で転職すると定年の60歳まで働けるのは25年以下となるのでキャリアアップが困難という考えがあります。

一般的に35歳以上の人材には即戦力やマネジメント力など、今までのキャリアを活かした能力が求められます。

35歳以降の転職ではキャリアが途絶えるため、転職先が見つからない状況に陥る可能性があることから、35歳限界年齢説が広まったのです。

②35歳以上でも転職可能

近年は35歳以降であっても転職は十分に可能な環境になっています。

時代とともに成果主義で年齢を問わない企業が増えているのと、売り手市場で人手不足が続いているためです。

即戦力となるスキルを持っていれば、すぐに現場で活躍できる人材として採用される可能性もあります。

今までの経験によっては管理職のポジションに入れるかもしれません。

能力やスキルさえあれば35歳が限界年齢とは限らないのです。

③35歳以上の転職における注意点

未経験や即戦力となれない業種や職種の場合、35歳以上での転職は難しいということを理解しておく必要があります。

即戦力やマネジメント経験のある人材であれば年齢を問わず歓迎されますが、企業が求めている実績がない場合、35歳以上で転職するのは厳しいでしょう。

基本的に若手層の転職の場合は、育成にコストをかけても長い目で見て会社に利益をもたらしてくれる人材としてポテンシャルで採用します。

しかし35歳以上の人材は、知識が豊富で即戦力になる人やマネジメント経験がある人を求められることがほとんどです。

未経験の業界であれば若手のうちに転職できるように行動する必要があるので注意しましょう。

【転職は何歳まで?】35歳以上が転職活動するポイント

【転職は何歳まで?】35歳以上が転職活動するポイント

35歳以上の人が転職活動するときは、自分の市場価値を客観的に把握したうえで、前向きで説得力のある面接ができるかどうかが大切です。

転職活動を成功させるポイントを7つ紹介します。

①経験と転職理由に一貫性を持たせる

今までの経験と転職理由には一貫性を持たせて、筋の通った内容を面接で話すことが大切です。

経験と転職理由がバラバラしていると説得力に欠けてしまい、企業側にマイナスな印象を与えてしまうおそれがあります。

35歳以上の転職は業界に関して経験豊富で専門的な知識が身についており、即戦力になってくれる人材かどうかが重視されます。

自分は今までどのような経験をしてきて、培ったスキルをもって転職先でどのように貢献できるかをアピールしましょう。

②退職理由をポジティブに言い換える

待遇や働き方への不満、人間関係、やりがいの無さなど、転職理由は人それぞれのはず。

しかし退職理由を聞かれたときは後ろ向きな言葉を使わず、ポジティブな言葉を使って答えることが大切です。

前職への不満や愚痴を並べたりネガティブな理由を話したりしてしまうと、企業の採用担当者にマイナスなイメージを持たれてしまう可能性があります。

とはいえ、嘘をつくとかえってイメージが悪くなってしまうこともあるので、本音をベースにポジティブな言葉に言い換えて話しましょう。

③転職先の企業調査を十分に行う

応募した企業に関しての情報を徹底的に集めて、十分に企業調査をしておきましょう。

面接で企業について聞かれたときに答えられない、もしくは誤った認識をしていたことがバレてしまうと、採用担当者に熱意が伝わらず不採用になってしまう可能性があります。

「なぜ他ではなく自社を志望するのか?」と問われたときに、企業のことを十分理解していないと他社との差別化ができず答えに詰まってしまいます。

年齢を問わず、転職先の企業のことをあらかじめ知っておくのは転職活動の基本です。

採用担当者に熱意をアピールするためにも念入りに企業調査をしましょう。

④スキルがあれば年齢は関係ない

今までの経験やスキルは、年齢に関係なく転職を有利にしてくれるものです。

転職において重要視されるスキルはポータブルスキルと専門スキルの2種類があります。

ポータブルスキルは社会人経験を積んでいるからこそ身につけられるもので、どこの業界や企業でも応用できます。

専門スキルは今まで経験した業界や職種、ポジションで培ったものなので同じ業界や職種への転職で活用できるものです。

このようなスキルをしっかり身につけておけば、年齢を問わず転職がかなえられるはずです。

⑤必要以上に年齢を気にしない

「年齢は関係ないといっても、本当にこの歳で転職できるのだろうか……」と考える人もいるかもしれません。

しかし35歳転職限界説は今の時代には合わない考え方なので、必要以上に年齢を気にしないようにしましょう。

むしろ35歳以上の年代は専門的なスキルを身につけており、管理職についている人も多いので市場価値が高いのです。

年齢がネックで転職を諦めてしまわないよう、年齢よりも自分の経験やスキルに自信を持ってチャレンジすることが大切です。

⑥待遇・条件を気にしすぎない

待遇や条件の良い求人にこだわりすぎていると、転職活動が上手く進まず挫折してしまう可能性があります。

仮に転職できても仕事内容ややりがいなど条件以外の面でミスマッチが発生してしまったり、自分の経験やスキルを上手く活かせなかったりすることも。

働くうえでは給料や待遇ももちろん大切ですが、自分が転職する本当の目的を一番に優先しましょう。

⑦書類・面接には熱意を込める

求人に応募するときの書類作成や選考面接には、入社したいという気持ちが伝わるよう熱意を込めて挑みましょう。

転職するのに年齢は関係ないとはいえ、転職市場においては年齢が若い方が有利なのも事実です。

スキルや経験を活かして即戦力になれることをアピールできれば、企業側としても年齢を差し置いてでも採用したいと考えるはずです。

転職活動は自己分析からしっかり行い、企業研究、職務経歴書や履歴書の作成、面接対策まで気を抜かずに取り組みましょう。

【転職は何歳まで?】自分の市場価値を知るために転職エージェントを活用する

【転職は何歳まで?】自分の市場価値を知るために転職エージェントを活用する

35歳以上で転職活動をするときは転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを使えば自分の市場価値を客観的に図ることができます。

自分の希望条件に合った求人を見つけやすいのもメリットです。

おすすめの転職エージェントを8つ紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

①リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大の転職実績(厚生労働省「人材サービス総合サイト」2019年度実績より)を誇るリクルートエージェントは、幅広い業界の求人を探したい人におすすめです。

国内だけでなく海外の求人も多数保有しているので、転職エージェント選びに迷ったらまず登録してみるべきです。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポートだけでなく、書類作成や面接対策のセミナーも行われています。

求人が豊富で幅広いサービスを活用したい人におすすめの転職エージェントです。

【公式サイト】 https://www.r-agent.com/

>> リクルートエージェント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

②doda転職エージェント

doda転職エージェント

doda転職エージェントはリクルートエージェントに次ぐ求人数を保有している業界大手の転職エージェントです。

テレビや動画などの広告を目にすることも多く、知名度が高いのも特徴です。

転職エージェントだけでなく検索型の転職サイトやスカウトサービスも提供しており、併用して使えば転職活動をより効率的に進められます。

スピード感を持って転職したい人や、積極的に求人を集めて比較したい人にもおすすめです。

【公式サイト】 https://doda.jp/consultant/

>> doda転職エージェント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

③マイナビエージェント

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント(公式サイト)

大手人材会社マイナビが運営するマイナビエージェント は、20〜30代向けの転職エージェントです。

非公開求人が全体の求人数の8割を占めており、採用に強いマイナビならではの独占求人を保有しています。

業界に特化したアドバイザーと個別の企業に特化したアドバイザーの二側面からのサポートを受けられるのもポイント。

IT・通信系や営業職の求人に強いので、あらかじめ業界や職種を絞って転職活動したい人におすすめです。

【公式サイト】 https://mynavi-agent.jp/

>> マイナビエージェント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

④ワークポート

ワークポート

エンジニア職やWeb系に強い転職エージェントならワークポートがおすすめです。

キャリアコンサルタントのサポートに定評があり、登録後即日で初回カウンセリングの案内が来る、求人に応募したらすぐにスケジュール調整してくれるなど、スピード感重視の対応をしてくれます。

「対応が早いと雑になるのでは?」と不安になるかもしれませんが、カウンセリングは時間をかけておこない、今後のキャリアの方針をじっくり相談できるので安心です。

スマホで履歴書や職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメ」というツールがあり、転職活動の負担を軽減できるのも魅力です。

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

>> ワークポート(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

⑤エン エージェント

エン エージェント

エン エージェントはユーザーファーストで手厚いサポートが評価されている転職エージェントです。

サービス開始からの歴史は浅いものの、キャリアコンサルタントの質の高さや独自のサービス展開が魅力です。

エン エージェントのキャリアコンサルタントは「IT・通信・Web系」「コンサル系」「金融系」など14の職種別に分かれて在籍しています。

自分の希望する業界や職種を得意分野とする担当者がつくので、より専門的なアドバイスをもらえます。

適性診断テストを使ってスキルや特性を分析できるサービスもあり、自分のスキルを新たに発見できたり、再確認したりすることも可能です。

⑥ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは企業やヘッドハンターから直接スカウトを待つヘッドハンティング型の転職サイトです。

ハイクラス転職を得意分野としており、ビズリーチが保有している求人の3分の1は年収1,000万円以上の案件となっています。

必要事項を登録後はスカウトを待つのみで、企業やヘッドハンターから「プラチナスカウト」を受け取ることで面接を確約できます。

月額制の有料会員になればヘッドハンターに転職の相談も可能です。

自分から能動的に活動せずにハイクラス求人のスカウトを受けたい人や、自分の市場価値を知りたい人におすすめです。

【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

>> ビズリーチ(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

⑦パソナキャリア

パソナキャリア

>>パソナキャリア(ハイクラス)公式サイト

大手人材会社のパソナが運営するパソナキャリア(ハイクラス)は、ハイレベルなキャリアコンサルタントに定評がある転職エージェントです。

知識やノウハウが豊富なキャリアコンサルタントから専門的で手厚いサポートが受けられます。

オリコン顧客満足度「転職エージェント部門で4年連続1位(2019年〜2022年)」を獲得しており、利用者の満足度も高いのが特徴。

転職活動に不安を感じている人やキャリアコンサルタントからしっかりサポートを受けたい人向けの転職エージェントです。

【公式サイト】 https://www.pasonacareer.jp/

>> パソナキャリア(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

⑧JACリクルートメント

JACリクルートメント

ハイクラス向け転職エージェントならJACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメントはハイクラスの求人だけでなく、ミドルクラスのキャリアアップ向けの求人も取り扱っているのが特徴です。

これから高年収・ハイポジションを目指して転職したいと考えている人にも向いています。

技術職や専門職、管理職などの求人や外資系企業に強く、業界に精通したキャリアコンサルタントも多数在籍しています。

海外勤務の求人も保有しているので、海外志向のある人にもおすすめです。

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

>> JACリクルートメント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

\ 外資系・ハイクラスならここ/

何歳でもチャレンジしたいと思える名言

何歳でもチャレンジしたいと思える名言

年齢を気にせずいくつになっても前向きに挑戦したいと思える名言を紹介します。

「年齢は夢を追わないための言い訳にはなりません」

(植西聰)

キャリアアップしたい、専門性を高めたい、年収を上げたいなど人によって転職したい理由は様々です。

年齢に関係なく転職できる現代では、前向きな希望さえあれば必ず成功できる可能性があります。

自分の夢をかなえるためにも、年齢を気にせず挑戦することが大切です。

【転職は何歳まで?】年齢は気にしないで積極的に応募しよう

【転職は何歳まで?】年齢は気にしないで積極的に応募しよう

かつて転職は35歳が限界年齢と言われていましたが、現代は売り手市場で人手不足の企業も多いことから即戦力となるミドル世代の転職が盛んです。

「転職を考えているが年齢的に難しいかもしれない……」と躊躇している人でも、今までの経験とスキルを活かせれば転職できる可能性は十分にあります。

とはいえ年齢が若い方が転職に有利なのも事実であるため、転職活動では自分のキャリアと転職理由に一貫性を持たせ、熱意をアピールすることが大切です。

転職活動をするときは転職エージェントを活用すると効率よく進めることができます。

スキルの棚卸しや市場価値を把握することもできるので積極的に利用しましょう。

【迷ったらまずこの大手3社から】

1.リクルートエージェント:業界トップ!転職支援実績No1!

2.doda転職エージェント:利用者満足度No1!

3.マイナビエージェント:20代の支持率No1!

【ハイクラスでスカウトをもらうなら

ビズリーチ:登録するだけでスカウトが届く!

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor