転職活動で何社も受けることは可能?同時応募・同時進行の注意点

「転職活動は何社も受けても大丈夫なの?」「同時進行をする際の注意点は?」と疑問を抱いている方はいませんか。

転職活動で何社も受けることは可能です。1社に絞って受けるのも良いのですが、何社も受けることで心に余裕が保てます。転職活動を成功に繋ぐためにも、実践したい方法です。
今回の記事では、転職活動の同時応募について詳しく解説します。また、同時進行の注意点についてもまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

転職活動での応募社数の平均はどれくらい?

転職活動での応募社数の平均はどれくらい?

転職活動の平均応募社数は、約8社です。年齢によって平均応募社数は異なり、20〜25歳は約6社、26歳〜30歳は約7社、31歳〜35歳は約8社などと、年齢が上がるにつれて応募社数が上がっていきます。

転職を成功に繋げるためにも、同時応募の活動は必須です。特に、30歳を超えていると、転職活動のハードルが上がってしまいます。内定の確率を上げるために、応募社数を意識することが重要です。

転職活動で同時に何社まで応募できるのか?

転職活動で同時に何社まで応募できるのか?

転職活動での同時応募の数には、制限がありません。自分が入社したいと思った場所に、どんどん応募しても良いです。何社も応募する選択肢があると、心に余裕が保てます。

しかし、手当たり次第に応募するのはよくありません。面接のスケジュール管理がうまくできなかったり、志望動機などをまとめられなかったりします。せっかくのチャンスを台無しにしてしまう可能性があるので、おすすめできません。

転職を成功させた方々は、平均約10社の面接を受けて内定をもらっています。無理しないよう何社か検討して、同時応募をするようにしましょう。

複数応募のメリット・デメリット

複数応募のメリット・デメリット

転職活動で複数応募をする際のメリット・デメリットを解説します。同時応募をすすめる上で、必ず抑えておきたいポイントです。以下にて、複数応募のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  1. 転職がスムーズに進みやすい
  2. それぞれの企業の違いがわかる
  3. 気持ちに余裕が持てる

デメリット

  1. スケジュールが組みにくい
  2. 精神的に疲れてしまう
  3. 本職に支障がでる

上記のメリット・デメリットを確認し、自分に相応しい進め方を見つけることが重要です。ここからは、それぞれの内容を詳しく解説します。

メリット①転職がスムーズに進みやすい

メリット①転職がスムーズに進みやすい

複数応募をするとスムーズに転職ができます。それぞれの企業から面接の連絡がきたり、内定の通知がきたりします。複数応募して同時に取り組むことで、必然的に転職をスムーズに進められるのです。

単発で応募をしてしまうと、内定の通知や連絡が送られてくるまでに時間がかかってしまう場合があります。大きなタイムロスと共に、効率も悪くなってしまうのです。転職を早く成功させたい方にはおすすめできません。

複数応募をすれば、転職の効率をアップして成功に近づけます。

メリット②それぞれの企業の違いがわかる

メリット②それぞれの企業の違いがわかる

それぞれの企業の違いが把握できるのも、メリットのひとつです。同時にさまざまな企業へ面接に行ったり、コミュニケーションを取ったりします。この際に会社の雰囲気や、接し方の違いについて触れられます。それぞれの企業と比べながら、良い転職先を見つけ出せるのです。

また、会社の福利厚生、休日、給料など、転職に求めるポイントも多く知れます。他の企業と比較ができるので、自分に相応しい転職先を絞り出すことが可能です。いい企業を見分けるためにも、複数応募してみると良いでしょう。

企業の異なる魅力を把握して行動に繋げることが、転職活動を実らせる近道です。

メリット③気持ちに余裕が持てる

メリット③気持ちに余裕が持てる

複数応募することで、気持ちに余裕ができます。ひとつやふたつ内定が貰えなかったとしても、次の転職先があるので安心です。気負わずに心に余裕を持ちながら、転職活動に望めるでしょう。

気持ちに余裕が持てないと、転職を有利に進められません。気持ちの焦りが出てしまい面接や、コミュニケーションに支障が出てしまいます。気づかない間に、自分にプレッシャーを与えてしまっているのです。

自分本来の力を発揮するためにも、複数応募してみると良いでしょう。

デメリット①スケジュールが組みにくい

デメリット①スケジュールが組みにくい

スケジュールが組みにくくなってしまうデメリットがあります。同時進行していくと、必然的に請け負う企業が増えます。その結果、他の企業と面接のスケジュールが被ったり、連絡が遅くなってしまったりするのです。

面接の日程がスムーズに決まらないと、企業側に悪印象を与えてしまう可能性があります。企業側も自分の都合に合わせて、日程の提案をしてくれる訳ではありません。自分から企業に合わせる必要があります。

そのため、スケジュール管理で悩んでしまうのが、企業に複数応募をするデメリットです。

デメリット②精神的に疲れてしまう

デメリット②精神的に疲れてしまう

複数応募していくと、精神的に疲れてしまう場合があります。多くの企業の対応に迫られたり、面接の準備が忙しかったりするのが主な原因です。自分の抱えられる量をオーバーしてしまうと、精神的に疲労してしまう可能性があります。

メンタル面が整っていないと、転職を有利に進められません。自分の自信のなさが、面接や対応に現れてしまいます。その結果、転職が上手くいかず余計に落ち込んでしまうでしょう。

デメリット③本職に支障がでる

デメリット③本職に支障がでる

会社に勤めながら転職活動を同時進行している場合、本職に支障がでる可能性があります。面接や企業見学などの日程は、平日になる場合が多いです。そうすると、会社を休んだり有給を使ったりしないといけません。

急に休みが多くなると、本職の上司や同僚に違和感を与えてしまいます。また、会社へ迷惑をかけてしまう恐れがあるので注意が必要です。

複数応募で転職活動を進める時に注意すること

複数応募で転職活動を進める時に注意すること

複数応募をする際に、必ず抑えておきたい注意点があります。事前に把握しておくことでトラブルを防げます。そんなポイントを以下3つにまとめてみました。

  1. スケジュールをパンパンに詰め込まない
  2. 応募をしすぎない
  3. 企業に複数応募していることを伝えない

一つひとつの注意点を理解して、転職活動を進めるのが重要です。それでは、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

スケジュールをパンパンに詰め込まない

スケジュールをパンパンに詰め込まない

複数応募する際は、スケジュールをパンパンに詰め込まないようにしましょう。準備不足になったり、連絡がスムーズに取れなかったりして、転職が上手くいかなくなってしまいます。

また、急な日程の変更をお願いされた場合に、対応できない可能性があります。場合によっては、面接が取り消しになる恐れがあるので注意してください。

面接前や後は、スケジュールに空きを作っておくと良いでしょう。

応募をしすぎない

応募をしすぎない

企業に応募しすぎないのも、重要なポイントです。在職中の方は、転職活動と仕事を同時進行していかなければいけません。自分が捌き切れないほど応募してしまうと、面接の準備期間が短くなって転職が上手くいかない可能性があります。

在職中の方は、自分にどれだけの余裕があるのか見極めなければいけません。自由に使える時間のなかで、自分に相応しい企業数を判断して応募するようにしましょう。

企業に複数応募していることを伝えない

企業に複数応募していることを伝えない

複数応募していることは、企業に伝えないようにしましょう。企業への愛や熱意が足りないとみなされ、悪印象を与えてしまう可能性があります。不利に働くことがほとんどなので、自分から伝えることはおすすめできません。

しかし、面接で「他の企業にも応募していますか?」と聞かれた場合には、素直に応えるようにしましょう。内定を断るときに理由を伝えやすくなります。

複数応募して同時に内定もらった時の断り方

複数応募して同時に内定もらった時の断り方

複数応募して同時に内定をもらった時には、どちらかを断らないといけません。辞退する時は、最初にお礼とお詫びを伝えるようにしましょう。そして、最後に辞退の意志を述べるようにしてください。

辞退の理由を伝える必要はありませんが、文章に添えることで丁寧な辞退文になります。「家庭の事情で転職ができなくなった」「会社の仕事内容が自分に合っていないと感じた」などの理由で構いません。

お礼とお詫びの気持ちを伝えてから、辞退の理由を簡潔に告げるようにしましょう。

「転職活動」で勇気がもらえる3つの言葉

「転職活動」に関するおすすめ名言

転職活動で複数応募していることに不安を感じているのであれば、以下3つの言葉を参考にして、勇気を受け取ってください。

  • 「意欲のある者のほうが、能力のある者より多くをなす」
  • 「明確な目的があれば、起伏の多い道でも前進できる。目的がないと、平坦な道でも前進できない」
  • 「人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない」

どのような意味合いが込められているのか、わかりやすく解説します。

勇気がもらえる言葉①

意欲のある者のほうが、能力のある者より多くをなす

意欲のある者のほうが、能力のある者より多くをなす
(ガブリエル・ムーリエ)

フランスの警句家のガブリエル・ムーリエが生み出した言葉です。「意欲のある人のほうが、才能のある人より成果を出す」という意味が込められています。

意欲を持って転職活動に励むことで、内定をもらえる確率が高くなります。才能のせいにして諦めず、意欲を持って取り組むようにしましょう。

勇気がもらえる言葉②

明確な目的があれば、起伏の多い道でも前進できる。目的がないと、平坦な道でも前進できない

明確な目的があれば、起伏の多い道でも前進できる。目的がないと、平坦な道でも前進できない
(トーマス・カーライル)

イギリスの思想家であるトーマス・カーライルが出した名言です。「明確な目的があればどんな困難な道でも進める」という意味合いになります。

複数応募をする際にも、明確な目的を持つことが重要です。決して簡単な道ではありませんが、目的に向かって一歩ずつ前進できます。

勇気がもらえる言葉③

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない
(アインシュタイン)

ドイツの理論物理学者のアインシュタインが出した言葉です。この名言は、転職活動にも当てはまる言葉となっています。

転職を成功させるためには、常に前進する必要があります。特に、複数応募や仕事との同時進行をしていると、止まっている時間がありません。倒れて立ち上がれなくならないよう、常に前進するようにしましょう。

意欲をもって行動して転職を実現しよう

意欲をもって行動して転職を実現しよう

転職活動の同時応募・同時進行について解説しました。転職は簡単なものではありませんが、同時応募をすることで有利に進みやすくなります。

もし、転職で不安を感じたら「意欲のある者のほうが、能力のある者より多くをなす」という名言を思い出して、意欲的に行動してみてください。
今回の記事を参考に、同時応募・同時進行を取り入れて、理想の転職を実現させてみてはいかがでしょうか。

【おすすめ大手転職エージェント

1.リクルートエージェント:業界トップ!転職支援実績No1!

2.doda転職エージェント:利用者満足度No1!

3.マイナビエージェント:20代の支持率No1!

【ハイクラスでスカウトをもらうなら

ビズリーチ:登録するだけでスカウトが届く!

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor