【転職して楽になった?】職場ではなく自分軸の人生を取り戻そう!

「人間関係が辛い」「仕事内容が合わない」などが原因で、今の仕事を辞めようか悩んだ経験はありませんか?
職場や仕事のストレスで憂うつになったり、体調不良になったりしますが、転職で解消できることがあります。
収入や生活の不安で仕事を辞めるときは躊躇するものです。
今回は転職で楽になった行動について解説しますので、お悩みの方は参考にしてください。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

転職して楽になった7つの原因

転職して楽になった7つの原因

入社時は企業に対しての期待が大きいですが、しばらくすると様々な理由で転職を考える人が増えます。転職して楽になった原因は以下の7つです。

・職場の嫌な人間関係
・会社の将来が不安
・低い給料が不満
・ハラスメント被害
・仕事内容が合わない
・残業が多い
・人事評価が不満

ここからは転職して楽になった7つの原因を詳しく解説します。

①職場の嫌な人間関係

職場の人間関係が原因で転職する人が非常に多いです。
仕事内容自体に不満が無くても、人間関係に悩みを抱えている人は少なくありません。
そのため、転職すれば手っ取り早く悩みを解消できます。しかし人間関係だけが理由で転職した場合、転職先でも同じような従業員が在籍している可能性があり、再度悩みを抱えるケースもあります。
そのため人間関係で悩んだとしてもすぐに転職を考えるのではなく、部署移動や転勤も視野に入れましょう。

②会社の将来が不安

現職よりも業績の良い会社に転職すると、会社の将来が不安という悩みを解決できるでしょう。
会社の業績が悪いと給料やボーナスだけでなく、会社の存続にもかかわります。
安定した会社に勤めたい方は、業績が伸びている会社に転職しましょう。
また会社の業績を重視するのであれば、どの業界に転職するかも非常に重要です。今後さらに市場が広がると考えられる業界をリサーチしましょう。

③低い給料が不満

低い給料が不満で転職する人も多いです。
仕事の意義を優先して働いている人ももちろんいますが、生活するためには収入が必要で、収入面を気にしながら働いている人は現実的には多いです。
そのような中で、給料が低く、給料が高くなる見込みがないと感じてしまうとモチベーションが下がってしまいます。
給料は自分の努力だけで上がるものではなく、会社の業績にも大きく影響します。そのため業績の良い会社や業績の拡大見込みがある会社に転職するとその給料に関する悩みは解消しやすくなります。

④ハラスメント被害

ハラスメント被害にあっている方は、転職すると悩みが解決するでしょう。
昨今ハラスメントに対して厳しい判断をする会社が増えていますが、未だ曖昧な対応をしている会社も少なくありません。声を上げたとしても、結局解決に至らなかったというケースもあるといいます。そのため、ハラスメントが解決しない場合は転職も視野に入れましょう。

⑤仕事内容が合わない

仕事内容が合わないことが原因で転職する方もいます。
入社前は楽しそうだと感じても実際はそうではなかった方や、聞いていた仕事内容と違ったという方も多いのではないでしょうか。自分が好きになれない仕事を続けていくのはストレスが溜まり、仕事に対するモチベーションが低迷します。
求人ではさまざまな職種が募集されているため、興味のある仕事が見つかるかもしれません。

⑥残業が多い

残業が多いのが原因で転職する方も多いです。
仕事自体に不満を感じていなくても、残業が多いと疲労がたまり知らず知らずのうちに大きなストレスを抱えてしまいます。
企業によっては、「仕事が終わっても上司が退勤しないと帰れない」という社風が残っている場合もあります。残業の捉え方は企業によって大きく異なるため、ワークライフバランスを重視している会社や、コンプライアンスが厳しい会社への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

⑦人事評価が不満

人事評価が不満で転職する方も多いです。
営業職は営業成績で評価される割合が高いため納得できることが多いですが、具体的に数値化できない仕事の場合、正当に評価されないこともしばしば。どれだけ仕事で成果を出しても、上司に気に入られているかどうかで判断されてしまうケースもあるでしょう。
人事評価に不満を持つ方は、具体的な数値を用いた評価制度を取り入れている企業への転職をおすすめします。

転職して楽になったと感じる3つのポイント

転職して楽になったと感じる3つのポイント

転職するとこれまでの悩みがなくなり、楽になったと感じる方が多いでしょう。転職して楽になったと感じるポイントは以下の3つです。

・会社のことは考えなくなった
・ストレスフリーになった
・有給休暇を取得しやすくなった

ここからは、転職して楽になったと感じる3つのポイントをご紹介します。

①会社のことは考えなくなった

転職すると一つの会社に執着することがなくなります。
転職するまでは「なんだかんだ今の会社が働きやすいのではないか」「転職先が見つからなかったらどうしよう」と現在の会社しか知らないが故の不安を感じてしまうでしょう。
しかし一度でも転職すると様々な会社があると知れるため、会社のことで深く悩まなくなる方が多いです。一度でも転職した実績を作れば自分の自信になり、「一つの会社で働きづ付ける必要はない」と思えるようになるでしょう。

②ストレスフリーになった

転職でこれまでの悩みを解決できた場合、ストレスフリーになります。
これまで抱えていた悩み事が一気に解消されるからです。しかし、転職先でも同じような悩みが発生した際は注意が必要です。
なぜなら一度転職すると転職癖が付いてしまうからです。職場で辛いことがあっても「転職すればいいや」と問題に向き合わず、逃げ腰の姿勢になってしまう場合があるため、慎重に転職活動をしましょう。

③有給休暇を取得しやすくなった

転職活動を終え、現職を退職する際は有休消化できる会社もあります。
有休日数が多ければ1か月ほどの時間を取れる場合もあるでしょう。もし転職までに有休消化ができる際は、まずはしっかり休み疲れを取りましょう。その後余裕があれば、転職先で必要な知識を勉強すると入社後スムーズです。また有給取得率が高い会社に転職した場合、これまで以上に有給休暇を取得しやすくなる可能性もあります。

転職して楽になった5つの行動

転職して楽になった5つの行動

転職すると楽になるイメージがありますが、実は転職しても楽にならないケースがあります。転職して楽になった行動は以下の5つです。

・退職する理由を整理する
・今の職場で解消できない理由を整理する
・転職で解消するのか整理する
・転職先を決めるがベスト
・転職先がない場合は貯金をしよう

ここからは、転職して楽になった行動をご紹介します。

①退職する理由を整理する

まずは退職する理由を整理し、明確にしましょう。
なぜなら退職理由が明確でないと、自分に合った転職先を見つけられないからです。また理由が不明確なまま転職してしまうと、次の職場で同じような悩みを抱えた際、再度転職を検討することになりかねません。また、志望する企業があった場合、転職理由が明確でないと選考に通過しない可能性もあります。
そのため、まずは退職する理由を整理しましょう。

②今の職場で解消できない理由を整理する

職場で抱えている不満を解消する努力をしたか振り返りましょう。
職場の人間関係やハラスメントに悩んでいる方は、一度上司に相談してみてはいかがでしょうか。ハラスメントに対して厳しく対処する企業も増えているため、解決策を示してくれるかもしれません。
しかしそれでも状況が変わらず辛い思いをしている場合は、転職を視野に入れましょう。

③転職で解消するのか整理する

現職で悩みを解決する努力をしても難しい場合、それが転職で解消するかを整理しましょう。
例えば苦手な上司がいるという理由で転職する場合、転職先にも苦手な上司が在籍している可能性があるため根本的な解消にはなっていません。
その悩みを根本から解決する方法は、「苦手な上司と上手く付き合う方法を見つけること」です。そのため転職で解決できる理由でない限り、どんなに職場を変えてもその悩みは解消されない可能性があります。

④転職先を決めるがベスト

会社を退職する前に、転職先を決めておきましょう。
後先を考えない退職は、今後の人生を大きく左右してしまう可能性があるからです。
退職後しばらく時間が経ってから転職活動すると、企業側からは「キャリアにブランクがある」と判断され転職が不利になってしまいます。また収入も途切れるため、ある程度計画的に退職を進めましょう。
勤務するのが精神的に難しい方は、会社を休職するという選択肢もあることを頭に入れておきましょう。

⑤転職先がない場合は貯金をしよう

転職先が決まっていなくてもどうしても退職したい方は、転職するまでの生活費を貯金しましょう。
1ヶ月の生活費を15万円とすると、1年間余裕を持って暮らすには200万程度用意しておくと安心です。失業手当を受け取ればもう少し生活に余裕が出るでしょう。また職業訓練校でお金をもらいながら勉強できる制度もあるため、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

退職を決意したら行動しよう

退職を決意したら行動しよう

退職を決意したら実際に行動に移しましょう。
ここからは、退職を決意したらどのような行動をすべきか具体的に解説します。

1. 周囲に伝える

退職を決意したら周囲に伝えましょう。
同期や先輩は、あなたの退職に理解を示してくれるはずです。さらに周囲の人に話しておくことで、上司への報告もしやすくなります。また、退職時には引継ぎが必要になりますが、周囲に伝えておくと退職までにしっかり引継ぎできるケースが多いです。退職する会社とは言えこれまでお世話になっている会社のため、あなたが退職した後でもスムーズに仕事が回るように準備しましょう。

2. 働きながら転職活動する

退職を決意したら、働きながら転職活動をしましょう。
中には退職を決めると次の就職先を決めずに退職してしまう人もいますが、非常にリスクが大きいです。転職先が決まる前に退職すると、転職活動にも悪影響を及ぼします。
例えば採用担当者から就業に対する意欲が低いと思われたり、ブランクがあると好条件での転職が難しくなったりと、デメリットが多いと言えます。
そのため退職を決意したらまずは転職活動をし、次の就職先を決めることに専念しましょう。

3. 上司に報告する

退職を決意したら上司に報告しましょう。上司には以下の項目を確認しておくと安心です。

・有給日数
・有給消化を考慮した退職日
・最終出社日

退職日が決まったら、それまでに荷物の整理や引継ぎをしましょう。
そして有給消化中はしっかり休み、自己啓発に時間を充てるなど有意義に過ごしましょう。もし仮に有給消化させないと言われた場合でも、労働基準法で退職日までに有給消化する権利があると定められているため、まずは会社と相談することが重要です。

4. 退職届を提出する

退職を決意したら退職届を提出しましょう。
上司に止められる場合もあるため、退職の意思が強いことを伝えることが重要です。悩みを解決する方法が退職しかないと判断した結果であれば、引き止められた際に上司を納得させる理由を考えなければいけません。
しかし上司の言葉に納得してしまった場合、もう一度現職で働く選択をしても構いません。転職してもしなくてもあなたの人生のため、自分自身が納得してから行動に移しましょう。

行動して人生を変えたい人におすすめの3つの名言

行動して人生を変えたい人におすすめの3つの名言

ある程度決意できたとしても、あと一歩行動をする勇気が出ないという時があるのではないでしょうか。
そのようなときに、行動しようと思える偉人の言葉を3つピックアップしました。
紹介しながら1つ1つ解説します。

天は自ら行動しない者に救いの手をさしのべない

シェイクスピア(劇作家・詩人)

「転職したい」「環境を変えたい」と思っていても、行動しなければ何も変わりません。
行動して失敗する可能性はありますが、最後に報われるのはやはり行動した人です。
転職したい気持ちがあるのであれば、今すぐ行動してみてはいかがでしょうか。

神様は私たちに成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

マザー・テレサ(カトリック修道女)

転職活動は志望企業の選考に落ちる可能性もあるため、失敗が怖いと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、まずは挑戦してみないことには何も始まりません。
転職活動で上手くいかないことがあったとしても、失敗した原因を明確にして次に活かせばいいのです。

もし今日が人生最後の日だとしたら、
今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

スティーブ・ジョブズ(米国の実業家、アップル創業者)

なんとなく仕事をダラダラ続けてしまいがちですが、もし明日死が訪れるとしたら、今やっていることは本当にやりたいことでしょうか?
おそらくほとんどの人がNOと答えるでしょう。
しかし、中にはYESと答えられる人もいるのが事実です。
人生はいつ終わるか分かりません。そのため「明日死んでも後悔が残らないように」生きることを目標にしましょう。

転職したら楽になったと言える人生を送ろう

転職したら楽になったと言える人生を送ろう

日本の企業は非常に数多くあり、さまざまな業種・職種があります。
そのため今の職場にこだわる必要はないかもしれません。
また職場で不満を抱える原因は人それぞれですが、転職で楽になった人はたくさんいます。

そのため今の職場が辛いと感じている方は、ぜひ転職を検討してみましょう。
転職して楽になりたい方は、ぜひこの記事を参考にして転職を成功させてくださいね。

キャリア・転職を成功させたい人におすすめの情報

キャリアや転職活動を成功させたい人向けに、転職・キャリアに役に立つ情報・言葉、様々な切り口でのおすすめの転職エージェント・サイトの紹介などをしています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください。

<2.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<3.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<4.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサル業界おすすめ転職エージェント
営業おすすめ転職エージェント
介護士おすすめ転職エージェント
薬剤師おすすめ転職エージェント
保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<5.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<6.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

それでは、みなさまが自分らしいキャリアを歩めますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor