【厳選】経理職の転職に強い!おすすめの転職エージェント17選

「資格や経験を活かして経理職に転職したい」「スキルアップやハイクラスを目指したい」と考えても、転職エージェントが多すぎて何を選べば良いかわからないとお悩みではありませんか?

短期間で転職を成功するためには転職エージェントの利用は重要なポイントです。
しかし、転職エージェントには求人数が多いもの、ハイクラスに強いもの、経理職に特化したものなど一概に転職エージェントといっても同じではありません。

そこで今回は、経理職に転職したい人におすすめの転職エージェント17選を紹介するとともに、効果的な利用方法も解説しますので参考にしてください。

※本ページではアフィリエイト広告を利用しています。

転職を考え始めている人におすすめの言葉

転職を考え始めている人におすすめの言葉

転職を考えてはいるものの怖くてなかなか行動に移せないという人には特にぴったりな言葉を紹介します。

「自分で世の中をコントロールすることはとてもできません。
だから世の中を憂いてもしようがない。
大事なことは自分の足元を固めることです。
できることを、できるなりにしっかりやる。
変化を生き抜くために自らの意志を固め、自ら力をつける。」

(木村剛)

自分の今できることを考えて少しずつ行動して地盤を固めておけば、今後ライフステージが変わったとしても自分の道を信じて進むことができるでしょう。

経理職など管理部門の求人が多い転職エージェント4選

経理職など管理部門の求人が多い転職エージェント4選

経理職など管理部門の求人を豊富に取り扱っている総合型転職エージェントを紹介します。

たくさんの求人から比較・検討したい人におすすめです。

①リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントはさまざまな業界・職種の求人を幅広く取り扱っている業界最大級の総合型転職エージェントです。

経理職をはじめとした管理部門の求人も豊富に保有しているので、選択肢に困らない転職エージェントといえるでしょう。

非公開求人も20万件以上取り扱っており、好条件な求人にも出会いやすいのが特徴です。

>> リクルートエージェント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

②doda

dodaエージェント

dodaも国内最大級の豊富な求人を取り扱う転職エージェントです。

キャリアエージェントが転職希望者の経歴やスキル、希望条件に合った求人を紹介してくれるので、初めての転職でも安心して利用できます。

転職エージェントに登録すると転職サイト、スカウトサービスも併用できるので効率的に転職活動を進められます。

>> doda転職エージェント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

③マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20〜30代の若手層から支持を得ている転職エージェントです。

全求人の8割が非公開求人となっており、新卒採用領域に強みを持つマイナビならではの求人もあります。

業界ごとに特設サイトがあり、経理職などの管理部門の求人も見やすくなっているのが特徴です。

>> マイナビエージェント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

(※マイナビのプロモーションを含みます。)

④ワークポート

ワークポート

ワークポートIT・Web業界、バックオフィスなどの職種に対応している総合型転職エージェントです。

創業19年の歴史と50万人の転職相談実績があり、安心してサポートを任せられるのが特徴です。

経理職専門の転職コンシェルジュから経理への転職ノウハウを学べます。

>> ワークポート(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

経理職など管理部門に強い転職エージェント3選

経理職など管理部門に強い転職エージェント3選

管理部門・バックオフィス系に特化した転職エージェントであれば、総合型よりもレアな求人と出会う確率がアップします。

特化型と総合型と併用して利用するのがおすすめです。

①MS-JAPAN

MS-JAPAN

MS-JAPANは管理部門や会計系の士業に特化した転職エージェントです。

経理・財務などの管理部門の職種に強みを持っており、他の転職エージェントよりもニッチな領域の求人も存在します。

公認会計士などハイレベルな資格を活かせる求人も豊富です。

②BEET-AGENT

BEET-AGENT

BEET-AGENTは管理部門やバックオフィス系の職種に特化した転職エージェントです。

2022年10月に開始したばかりの転職エージェントサービスで、管理部門の経験者のみを対象としています。

経理職としての実務経験があり、キャリアアップを目指している人におすすめの転職エージェントです。

③マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士は人材大手マイナビが会計領域の転職に特化して提供しているエージェントサービスです。

主に公認会計士の転職業界に精通したキャリアアドバイザーから専門性の高いサポートを受けられるのが魅力です。

公認会計士の資格を活かせる求人を豊富に取り扱っているので、会計士としての転職を目指している人におすすめです。

経理職に特化した転職エージェント2選

経理職に特化した転職エージェント2選

経理職に特化した転職エージェントは、管理部門の中でも経理に絞って求人を探したい人におすすめです。

経理としてキャリアを積みたい人におすすめです。

①経理エージェント

経理エージェント

経理エージェントは名前の通り経理職に特化した転職エージェントです。

1,000社以上との取引があり、保有する求人の90%以上が経理の実務経験者を求める企業となっています。

経理の経験者向けの転職エージェントですが、経理の転職に関する知識やノウハウの豊富なキャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられるのが魅力です。

②経理転職.com

経理転職.com

経理転職.comは経理や財務に特化した転職エージェントで、求人の70%以上が非公開求人となっています。

大手や有名企業の経理・財務関連の求人も取り扱っており、経理としてより規模の大きな企業で経験を積みたいと考えている人におすすめです。

キャリアアドバイザーにキャリアプランを相談しながらじっくり転職活動を進めるか、スピーディーに求人紹介とサポートを受けるか選べるので、自分の計画に合わせて使い分けられます。

経理職など管理部門に強い転職サイト4選

経理職をはじめとした管理部門の転職をしたい人は転職エージェントだけでなく転職サイトを活用するのもおすすめです。

主体的に求人を探せるので、スピード感を持って転職したい人はぜひ利用しましょう。

①SYNCA(シンカ)

SYNCA(シンカ)

経理や財務の転職に特化した転職サイトで、大手・有名企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り扱っています。

SYNCAには独自の基準を設けており、その基準を通過した求人のみを取り扱っているので良質な求人が揃っているのも特徴です。

市場価値診断」で自分のスキルを測定ができるので、自分の実力を可視化した上で求人を探したい人にもおすすめです。

②ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは会計や財務、経理分野に特化した転職サイトです。

特に公認会計士や税理士など専門性の高い業種の求人を豊富に取り扱っています。

経理職に役立つメルマガや動画、さまざまなテーマの求人特集など独自コンテンツも多数存在します。

③最速転職HUPRO

最速転職HUPRO

最速転職HUPROは会計系の士業や管理部門の転職に特化した転職サイトです。

転職エージェントからのサポートがスピーディーであると定評があり、転職活動に時間を取れない人やなるべく早く転職したい人に向いています。

AIによる転職診断も搭載しており、ミスマッチのない転職に繋がりやすいのも特徴です。

④経理転職ナビ

経理転職ナビ

経理転職ナビは経理・財務専門の転職サイトで、大手転職エージェントのワークポートが運営しています。

30〜40代のミドル世代の求人を豊富に取り扱っており、メンバー・スタッフクラスからマネージャークラスの求人まで幅広く存在します。

企業の規模別に求人を検索することも可能なので、自分のキャリアプランに合わせて求人を選べるのも特徴です。

経理職のハイクラス転職の求人が多い転職エージェント4選

経理職のハイクラス転職の求人が多い転職エージェント4選

経理職でハイクラス・エグゼクティブ転職を目指す人は、ハイクラス向け転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは独自の非公開求人も保有しているので、一般求人サイトでは出会えないような求人に出会える可能性もアップします。

①KOTORA(コトラ)

KOTORA(コトラ)

KOTORA(コトラ)は金融、IT、コンサルなどの業界に強みを持つハイクラス転職向けの転職エージェントです。

管理部門やバックオフィスのハイクラス求人も取り扱っているので、会計や財務、経理での年収・ポジションアップを狙う人にもおすすめです。

他のハイクラス向け転職エージェントと比較して、取り扱っている求人の業種が幅広いので、選択肢を多く持てるのがメリットです。

②JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントハイクラス・ミドルクラス転職に強みを持つ転職エージェントです。

大手企業や上場企業などの経理職や管理部門の求人が豊富なので、大企業でキャリアアップを目指している人に向いています。

より経営陣に近いポジションでの経理職への転職をしたい人におすすめの転職エージェントです。

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

>> JACリクルートメント(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

\ 外資系・ハイクラスならここ/

③Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは大手企業、外資系、日系グローバル企業への転職に強みを持つハイクラス向け転職エージェントです。

専門領域ごとにキャリアアドバイザーが在籍しており、経理や会計分野に精通しているアドバイザーから的確なサポートを受けられます。

個別の企業を担当しているアドバイザーが担当してくれるので、企業研究に力を入れられるのもメリットです。

④アサイン

アサイン

アサインは若手ハイエンド向けの転職エージェントで、20~30代での経理職にも強みを持っています。

創業メンバーは全員コンサル業界出身であり、外資系やコンサルファームとのパイプが太くそれぞれの業界の経理職求人も多数存在します。

選考対策にかける時間が長く、アドバイザーの丁寧さにも定評があります。

経理職のハイクラス転職の求人が多い転職サイト4選

経理職のハイクラス転職の求人が多い転職サイト4選

経理職のハイクラス転職を狙う人はヘッドハンティング型の転職サイトを活用するのもおすすめです。

登録しておくだけでヘッドハンターからスカウトを受けられるので、良い求人があれば転職したいと考えている人や転職活動に時間を割けない人にもおすすめです。

①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはパソナグループが運営する転職サイトで、28,000社以上との取引がある人材大手ならではの強みがあります。

求人の半数は年収800万円以上のハイクラス向け求人であり、管理部門のハイクラス転職も叶えられるのが魅力です。

女性の転職にも強いので産休や育休などの制度が充実している求人を絞って探すことも可能です。

②ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチはスカウト型の転職サイトで、転職後の平均年収は840万円とハイクラス転職を狙う人におすすめです。

登録してからヘッドハンターからスカウトが届くまで待つしくみとなっており、一般の求人サイトには記載していない良質な求人に出会える可能性もあります。

経理や財務の分野でハイクラス転職を狙いたいと考えている人向けの転職サイトです。

>> ビズリーチ(公式サイト)を見る
>> いますぐ登録する(無料)

③リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは大手人材会社リクルートが運営するスカウト型の転職サイトです。

ハイクラス、エグゼクティブ転職に強みをもっており、自分の経歴やスキルを登録しておくとヘッドハンターから自分に合う求人を紹介してもらえます。

自分に合うヘッドハンターを自ら選ぶこともできるので、ミスマッチの少ない求人探しが可能です。

④doda X

doda X

doda Xは管理職レベルのハイクラス求人が豊富なヘッドハンティング型転職サイトです。

40〜50代のマネジメント経験のある層にマッチする求人が多く、経理としてキャリアアップを目指す人におすすめです。

質の高い非公開求人が揃っていると評判が高いので、年収800万円以上を目指す人はぜひ利用しましょう。

経理の転職事情

経理の転職事情

経理への転職をする際は事前に経理の転職事情を把握しておきましょう。

仕事内容や年収、必要スキルなどを理解しておくと経理への転職を成功させやすくなります。

①経理の仕事内容とは

経理は企業の入出金管理や記帳、決算など経営における資金の管理を行う仕事です。

企業の規模によっては経理担当が企業の財務も兼任することもあります。

経理の業務において重要視されるのは、月次や年次の決算とりまとめができるかどうかです。

経理事務からスタートし、決算補助、決算とりまとめといった経験を積むことになるので、とりまとめ業務ができるようになると経理担当としての評価が高くなります。

②経理の平均年収とは

doda平均年収ランキングによると、経理の平均年収は2022年12月現在507万円となっています。

2022年における全年代の平均年収は403万円なので、経理のほうが高年収です。

特に経理は大企業の平均年収が高い傾向にあるため、経理で年収アップを検討しているのであれば大手や有名企業の求人を探しましょう。

③経理に必要な能力とは

経理は正確さや効率良く業務を進められる力が求められます。

企業の資金管理に関わる業務なので、コンプライアンスへの意識の高さも必要です。

黙々と業務をこなすイメージのある経理職ですが、コミュニケーション能力も重要です。

経費など会社の資金に関して他部とやりとりする場面も少なくないため、円滑なコミュニケーションが取れる人材は評価が高くなります。

④経理に必要な資格とは

経理の転職では日商簿記検定で2級以上を取得していると有利になります。

難関資格ではありますが、税理士や公認会計士の資格があると他の転職者と差別化できるでしょう。

しかし資格はあくまでも知識の証明なので、転職では経理の実務経験のほうが重要視されます。

資格に関してはプラスアルファとして考えておくことをおすすめします。

⑤経理の求人が多い時期とは

経理は繁忙期である決算のタイミングに向けて求人を出すことが多いので、1~2月や6~7月に求人が増える傾向にあります。

一般的に企業の決算は3月や9月であることが多いので、その2~3ヶ月前に求人を出すようなイメージです。

経理の転職を狙う人は求人が増える時期をチェックしておきましょう。

未経験者が経理に転職するには

未経験者が経理に転職するには

実務経験がなくても経理に転職したい場合は、未経験OKの求人を探しましょう。

経理は専門性が高い職種なので基本的には実務経験が求められますが、中には未経験歓迎の求人を出している企業もあります。

経理への熱意をアピールするためにも、日商簿記検定など資格を取得しておくと良いでしょう。

経理に強い転職エージェントの選び方

経理に強い転職エージェントの選び方

「経理に転職したいけれど、どの転職エージェントを使えば良いか分からない」と迷ってしまう人もいるでしょう。

本項では経理に強い転職エージェントの選び方を紹介しますので、これから転職エージェントを使おうと考えている人は参考にしてみてください。

①総合型・特化型の特徴を知る

転職エージェントには総合型特化型が存在します。

総合型は経理だけでなく幅広い業界や職種の求人を豊富に取り扱っており、特化型は求人数そのものは多くないものの、1つの分野に特化して強みを持っています。

経理だけでなく別の業界も見ながら転職活動を進めたい人は総合型、経理職に絞って転職活動をする人は特化型を活用しましょう。

迷っている人は総合型と特化型の併用もおすすめです。

②求人数が多いと選択肢が広がる

転職エージェントが保有している求人数が多いと、その分選択肢が広がります。

複数の転職エージェントからどれを利用しようか迷ったら、取り扱っている求人数で比較しても良いでしょう。

公開求人数は少なくても、非公開求人と呼ばれる転職エージェントが独自で保有している求人数が多い場合もあります。

③転職支援実績を知る

どの転職エージェントを利用するか迷ったら、各転職エージェントの転職支援実績をチェックしてみましょう。

転職支援実績はHP等で確認できるので、過去の転職先企業や転職成功者のインタビューを調べることをおすすめします。

転職成功者の中に自分と同じような経歴の人がいるか、経理業界に強いアドバイザーが在籍しているかなどを見ておきましょう。

【経理職】転職エージェントを利用するメリット

【経理職】転職エージェントを利用するメリット

経理への転職で転職エージェントを利用するメリットは、良質な非公開求人を紹介してもらえたり手厚いサポートを受けられたりする点です。

転職エージェントを利用するメリットを具体的に紹介します。

①非公開求人の紹介がある

転職エージェントは一般に公開していない非公開求人を保有しています。

公にしていない事業の求人や好条件で応募が殺到しそうな求人に関しては非公開になっていることも多く、転職エージェント経由でないと紹介を受けることができません。

転職エージェントを利用することで非公開求人を紹介してもらえる可能性があるので、選択肢が広がります。

②上場企業の内定率が高まる

転職エージェントを利用すると大手や上場している有名企業などの内定率アップが見込まれます。

大手や有名企業が人材を募集するときは転職エージェント経由で求人を出すことが多いからです。

大企業の経理職はキャリアアップに繋がることも多いので狙い目です。

③転職サポートが充実している

転職エージェントを利用すると無料で手厚いサポートを受けられる。

転職エージェントは企業へ人材を紹介することで紹介料をもらうビジネスなので、利用者側に費用は発生しません。

自力で転職活動するよりも効率よく内定まで進める可能性がアップするのでぜひ利用しましょう。

【経理職】転職エージェント利用の流れ

【経理職】転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを初めて利用する人はどのような流れになるのか分からないことも多いでしょう。

転職エージェントを利用して転職するときの一般的な流れを紹介します。

①公式ホームページから登録する

転職エージェントの公式ホームページの専用フォームから必要な情報を入力して登録しましょう。

登録は1〜3分ほどで完了します。

登録後は最短即日、遅くても1週間以内には転職エージェント側から初回カウンセリングの案内があります。

都合の良い日程を伝えて、初回カウンセリングの日付を決めましょう。

②キャリアアドバイザーのカウンセリングを受ける

あらかじめ予定していた日程でキャリアアドバイザーのカウンセリングを受けましょう。

カウンセリング内容は今までの経歴や転職理由、希望条件といった内容がメインです。

質問にも答えてもらえるので、転職に関して不安や疑問点がある人はカウンセリング前にメモにまとめておくと良いでしょう。

③求人の紹介を受ける

カウンセリング終了後、カウンセリングの内容をもとにキャリアアドバイザーから求人の紹介が始まります。

基本的には自分の希望した条件に合った求人を紹介してもらえるので、気になる求人があるか確認しましょう。

万が一送られてくる求人内容が自分の希望条件とズレている場合は、キャリアアドバイザーに上手く希望が伝わっていない可能性があるので確認してみましょう。

条件について確認したのにも関わらず、自分の希望している条件の求人が送られてこない場合は担当者を変えてもらったり、他の転職エージェントに切り替えることを検討しても良いかもしれません。

④職務経歴書・面接対策を受ける

気になって求人に応募することが決まったら、書類の作成に入りましょう。

履歴書や職務経歴書はキャリアアドバイザーから添削を受けられるので完成度の高いものを目指すことが大切です。

書類選考に通過したら面接対策を受けて、万全な状態で選考に挑みましょう。

キャリアアドバイザーから各企業の過去の面接内容を聞いておくことをおすすめします。

⑤面接・内定

面接後は合否に関わらず転職エージェント経由でフィードバックを受けられる場合もあるので、今後の転職活動に生かしましょう。

結果は転職エージェントを通して連絡があるので、無事内定となれば必要に応じてキャリアアドバイザーに条件交渉をしてもらうことをおすすめします。

内定を承諾するにあたって年収など待遇の条件交渉は自分ひとりではしづらいものですが、転職エージェントを利用していればアドバイザーに代行してもらえるのもメリットです。

【経理職】転職エージェントの効果的な利用方法

【経理職】転職エージェントの効果的な利用方法

転職エージェントを活用して経理への転職を成功させるには、いくつかポイントを押さえておきましょう。

転職エージェントを効果的に利用するコツを紹介します。

①キャリアアドバイザーとの連絡を密にする

キャリアアドバイザーとはこまめに連絡をとることを心がけましょう。

連絡を密にすると転職への意欲が高いとみなされ、条件の良い求人を早く紹介してもらえる可能性が高くなります。

キャリアアドバイザーは複数人の転職希望者を担当しているため、転職意欲の高い人に優先的に求人紹介をしようとするものです。

好条件な求人を逃さないためにも、キャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行いましょう。

②転職のタイミングは早めにする

転職希望時期は「良い求人があればすぐにしたい」と早く転職したい旨を伝えましょう。

先述の通りキャリアアドバイザーは転職意欲の高い人を優先して対応したいと考えているので、早く転職したいと伝えることで良い求人を紹介してもらいやすくなります。

初回カウンセリングの際にいつまでに転職したいかをヒアリングされるので、なるべく早く転職したいと伝えておくのが大切です。

③スキル・経歴に嘘をつかない

転職エージェントにスキルや経歴を伝えるときはありのままに答えましょう

話を盛ったり虚偽の内容を伝えたりすると、嘘がバレたときに信頼を失ってしまいます。

キャリアアドバイザーはヒアリングした経歴やスキルに合った求人を紹介してくれるので、自分のレベル感に合わない転職になってしまうリスクがあります。

背伸びして良い企業に転職できたとしても、結果的に自分が苦しむ可能性が高くなるので正直に伝えましょう。

④希望条件に優先順位をつける

転職の希望条件には優先順位をつけておきましょう。

自分の希望する条件をすべて満たす求人は存在しないので、一切譲れない条件と妥協できる条件を分けておくことが大切です。

求人を検討するときは自分の譲れない条件を最低限満たしているかどうかを中心にチェックしましょう。

⑤複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

同じ求人には1つの転職エージェントからのみ応募しましょう。

複数の転職エージェントを使い分けること自体は問題ありませんが、同じ求人への応募がかぶらないよう注意が必要です。

転職エージェント側にも企業側にも不信感を与えてしまう上に、選考自体受けられないリスクもあるので注意しましょう。

⑥推薦文を必ず確認する

転職エージェント経由で応募するときにキャリアアドバイザーが添付してくれる推薦文の内容を確認させてもらいましょう

推薦文はカウンセリングなどの内容をもとにキャリアアドバイザーが書いて企業に送ってもらえるものですが、自分の伝えた内容と相違がないかチェックしておくことが大切です。

中には職務経歴書や履歴書の内容を丸写しした内容しか書いていないケースもあるので、自分の目で確認しておきましょう。

【経理職】失敗しない転職活動のポイント

【経理職】失敗しない転職活動のポイント

経理への転職を成功させるには転職をする目的を明確にし、仕事内容や条件をしっかり確認しておくことが重要です。

経理といっても業界によって行う業務の範囲が異なる場合もあるので入念なリサーチが欠かせません。

転職活動における失敗しないポイントを紹介します。

①転職理由を明確にする

なぜ転職したいのか理由を明確にして転職活動を進めましょう。

転職理由がはっきりしていないと、転職後のミスマッチに繋がってしまうかもしれません。

「今の職場が嫌だからとにかく辞めたい」と現状から逃げることだけを優先して、将来やりたいことを明確にしないまま転職活動をすると後悔するリスクもあります。

②希望条件が求人にあるか確認する

希望条件には優先順位をつけた上で、自分の求める条件を満たしているか確認することも大切です。

良い部分ばかりに目が行きがちですが、自分の求める条件を満たす求人なのかを冷静に判断しましょう。

③給料以外の条件も確認する

年収アップを目的として転職する人も多いかもしれませんが、給料以外の条件も見ておきましょう。

給料だけを重視して転職すると、労働環境が劣悪で後悔してしまう可能性もあります。

他の条件も確認して問題がないかを見極めましょう。

④企業の規模によって経理の仕事も異なる

企業の規模によって経理職が担う仕事が異なることを理解しておきましょう。

経理職といっても、会社の規模が大きくなるほど業務が細かくなっていくのが一般的です。

逆に中小企業は少ない人員で業務を行うので、幅広い分野を知っておく必要があります。

自分が経理職でどのようなキャリアを築きたいのかに合わせて転職先を選びましょう。

⑤業種によって会計処理が違う

業界、業種によって経理が対応する内容が異なるので、自分の転職目的と合うかチェックしておきましょう。

担当したい業界や、覚えたい業務内容によって見る求人が変わります。

自分のキャリアアップのためにも、ミスマッチのない求人を選ぶことが大切です。

⑥研修制度の有無を確認する

転職先をリサーチする場合は研修制度が整っているかを確認しておきましょう。

企業によって経理の担当業務が異なり、実務経験がある人でも初めて担う業務が発生する可能性があります。

教育体制が整っていれば転職してからも安心して業務に取り組めますが、研修が不十分な環境では早期退職のリスクにも繋がります。

求人情報だけでなく転職エージェントを通して教育体制について確認しましょう。

⑦内定後は職場見学する

内定後に可能であれば職場見学をさせてもらうのがおすすめです。

入社前に職場を見せてもらえれば、入社後に働くイメージが湧きやすくなります。

職場の雰囲気を知っておくだけでも不安要素を少なくした状態で入社できます。

自己評価が低すぎる人に見てもらいたい名言

自己評価が低すぎる人に見てもらいたい名言

自分に自信がない人は挑戦する前から「自分になんてできないから……」と諦めてしまいがちです。

そんな人におすすめの名言を紹介します。

「思いどおりにいかないときでも
課題を克服するための地道な努力を怠らないこと。
そうやって一つずつ克服していけば
その成功体験が自信につながり
心を強くしていくことができるはずです」

(辻野晃一郎)

苦手なことに向き合って1つずつ克服していけばやがて大きな自信になります。

自分に自信を持てるようになれば、やりたいことにも躊躇なくチャレンジできるようになるでしょう。

経理職への転職は転職エージェントの利用がおすすめ

経理職への転職は転職エージェントの利用がおすすめ

この記事では経理職への転職におすすめの転職エージェントを紹介しました。

経理の実務経験の有無や今後どのようなキャリアを目指したいかによって、転職エージェントを使い分けましょう。

転職エージェントを利用する際は、本記事で紹介した効果的な活用方法を参考にすると、経理への転職を成功させやすくなります。

どれも基本無料で利用できるので、経理への転職を目指すのであれば気になる転職エージェントに登録してみましょう。

転職を成功させたい人におすすめの情報

転職を成功させたい人向けに、いろいろな切り口でおすすめエージェントを紹介しています。

また転職やキャリアにはいろんな不安や悩みもつきものです。それら不安や悩みを解消できるような記事も多数用意しています。

気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

<1.総合・年齢別おすすめ転職エージェント>
総合型転職エージェントおすすめ
20代おすすめ転職エージェント
30代おすすめ転職エージェント
40代おすすめの転職エージェント
50代おすすめの転職エージェント

<2.属性・ステータス別転職エージェント>
女性向けおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職のおすすめ転職エージェント
第二新卒おすす目転職エージェント

<3.職種別転職エージェント>
ITエンジニアおすすめ転職エージェント
プロダクトマネージャーおすすめ転職エージェント
コンサルおすすめ転職エージェント
営業職おすすめ転職エージェント
経理おすすめ転職エージェント
⑥介護士おすすめ転職エージェント
⑦薬剤師おすすめ転職エージェント
⑧保育士おすすめ転職サイト・エージェント

<4.転職の進め方>
正しい転職活動7step
転職ができない原因と対策
自分にあった企業を見つける行動
転職活動のいい時期と悪い時期
転職で後悔する4つのポイント
ブラック企業の見極め方
転職で失敗しないための注意点11選

<5.転職・キャリアの悩み>
やりたいことが見つからない5つの理由
仕事が認められないストレスの解消法
仕事が辞めたいと感じる理由と対策
自分軸の人生の取り戻し方
転職でモチベーション下がった時
転職に失敗する人の特徴と対策

<6.転職・キャリアに関する名言>
転職が不安な人に贈る60個の名言
転職で勇気をもらえる名言
転職活動で情報過多で悩む時の名言
転職するか悩んでいる時に見たい名言
転職の相談がうまくできない時の名言

それでは、良い転職・キャリア活動ができますように。

Sponsor
定番のタグ
定番の偉人・著名人
Sponsor